「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

終了 鉄道空撮の舞台裏すべてお見せします!鉄道好き、飛行機好き必見!空撮フォトグラファーのハンガー(格納庫)トーク!吉永陽一presents

空モノナイト!空鉄(そらてつ)・空撮ハンガートーク!!

2015.02.07
土曜日
よる
OPEN
17:00
START
18:00
END
20:00
※予定時刻
SOLD OUT!
来場者全員にオリジナル特製空鉄ポストカードをプレゼント!鉄道の空撮を「空鉄(そらてつ)」として常々発表するフォトグラファー吉永陽一がお届けする、空撮の舞台裏!航空業界では整備士同士やパイロット同士が格納庫内などでオフ話をすることをハンガートークといいます。空撮の現場ならではのリアルな話や出来事などなど、あまり表に出ないハンガートークをします!吉永が著作として発表した『空鉄』『もっと空鉄』(共に講談社刊)、『空から見た絶景鉄道』(洋泉社刊)にて空撮したときの出来事はもちろんのこと、「どうやって空撮しているの?」「いろんなことありそうな世界だけど…」「めっちゃお金掛かってない?」「危ない世界ですが願掛けとかジンクスとかある?」・・・わたしもよく質問されるし、みなさんもまず疑問になることをお話しいたします。こういうこと、誌面で語れない(笑) 格納庫内では禁酒禁煙ですが、ここではOKです。どんどん飲んでみなさんもハンガートークの一員となって楽しんでください! 鉄道好き、飛行機好きの方には必見です!(関係ないですが、吉永も大の鉄道&飛行機ファンです!)そして空撮のもうひとつの可能性であるマルチコプター、いわゆるラジコンヘリの世界や、旅客機の窓から鉄道を空撮、さらには「空撮」全般のこともお話します!出演は、自衛隊や鉄道を撮影する花井健朗!80年代から通産100回「青空の下レイルは光る」という鉄道空撮作品をレイルマガジン誌に掲載し、吉永がその作品に憧れて空撮世界に入ったきっかけとなった写真家!そして、マルチコプターで廃線跡を空撮した、藤田哲史。空撮全般と大の飛行機ファンであり吉永の空撮の先輩である、田嶋健一。それに「空中写真や地図、地形を使った書籍を制作している磯部祥行の三氏を交えて…様々な分野から「空モノ」を語ります!(吉永陽一) 【出演】・吉永陽一(写真家・空鉄作者・日本鉄道写真作家協会(JRPS)会員)・花井健朗(写真家・JRPS会員・日本航空写真家協会会員(JAAP))・田嶋健一(航空写真家)・藤田哲史(アマチュア空撮家)・磯部祥行(空中写真書籍編集者で愛好家/実業之日本社)ほか!決まり次第随時発表!

関連サイト

前売券の販売は終了しました。当日券お求めの方はそのままお越し頂ければ入れますのでお気軽にご来場下さい。お台場・東京カルチャーカルチャーは飲んだり食べたりしながら楽しんで頂く飲食店です。全席自由席で入場は前売チャージ券の整理番号順~当日チャージの方の順での入場となります。飲食の1オーダーは必須となります(アルコール¥500、ソフトドリンク¥420など)。美味しい飲み物も食べ物多数準備して皆様のお越しをお待ちしております。(主催・運営:ニフティ株式会社)※ 金額はすべて税込表記です。

※イベントの時間は予定であり、当日の状況により多少前後する場合があります。