「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

水族館プロデューサー・中村元 presents 『中村元の超水族館ナイト【増館号】 超水族館ナイトは地球を救う!のか?~』 ライブレポート(16.12/09開催)

2017年01月11日

25回目までの振り返り

 
超水族館ナイトの告知ページのバナー画像は毎回中村さんがテーマに合わせて作っていますが、それをスクリーンに表示しながら過去の超水族館ナイトを振り返っていきます。このレポートで全ては紹介できないので、いくつか抜粋して、当時の写真とともに紹介したいと思います。
 

第1回/水族館は日本の文化になる(2008年10月)

中村さん
「実は第1回から第4回までは我々の黒歴史なんです(笑)」

いやいや、黒歴史ってことないでしょうに! (笑)

でも、実際のところ第4回目までは 「水族館ナイト」 というイベント名で、このイベントが始まった当初は「超」がついていませんでした。テリーPも正に司会者であって、トークは主に中村さんと当時企画を担当していたまんじまるさんとの間で進められていました。

それが第5回目から中村さんとテリーPのコンビとなり、それまでの「水族館ナイト」を超えようと 「超水族館ナイト」 へと改称されました。中村さん曰く「軽々と超えていったな! (ドヤ顔)」。
 

第1回 水族館ナイトの様子
第1回目の水族館ナイト

 

中村さん、カルカル初登場の時
中村カンチョ、カルカル初登場!

 

第7・9・11回/水族館・特ネタ大爆発!シリーズ(2010~2012年)

前半はテーマトーク。第二部には中村元さんの門下生を名乗る全国各地の水族館・動物園スタッフ集まり 「ちびっ子園館長会議」 からゲスト呼んで、日常のエピソードや飼育スタッフだからこそ話せる丸秘ネタ、若手スタッフならではの悩み事などを伺っていく好評企画。この頃から水族館・動物園関係者と一般の水族館ファンのお客さんとの距離も急速に縮まった気がします。
 

現場の裏話が大ウケだった特ネタ大爆発シリーズ
特ネタ大爆発


 

中村元門下生が続々登場
特ネタ大爆発2

 

おたる水族館・神前和人さん
特ネタ大爆発2(2)

 

2011~2013/サンシャイン水族館ナイト

サンシャイン水族館がリニューアルオープンした2011年から3年連続で同水族館の屋外エリア・マリンガーデンで開催された 出張版・超水族館ナイト。ゲストも出張版ならではの顔ぶれで大好評でしたが、気付けば自然消滅…?! 2017年は 「天空のオアシス第二章」 が幕を開けます。サンシャイン水族館ナイトもこれを機に復活するといいなぁ…。 (チラッ※)

※客席にはサンシャイン水族館の丸山館長がいらしていました。
 

客席からも復活の声多数!サンシャイン水族館ナイト
サンシャイン水族館ナイト

夜の風が心地良く最高の雰囲気の中で行われた
サンシャイン水族館ナイトの会場風景

 

バラエティに富んだゲストが登壇(写真は玉袋筋太郎さん)
サンシャイン水族館ナイト(トーク))

 

第13回/命と水族館 いただきますの気持ち

「水族館で毎日いただている魚の生きている姿を見て ”命の美しさ” や ”命の尊さ” を感じて欲しい」 と設定されたテーマ。全ての生き物は他の命を奪って生きているという誰もが知っているはずなのに、日頃忘れたり、目を背けがちなことをじっくりと考える機会になりました。

第二部のゲストには元・南極海調査捕鯨団の団長で現在は鯨類研究室長の石川創さんを迎え、捕鯨と食に関する熱いトークが繰り広げられました。日本の調査捕鯨船を妨害するシーシェパードの衝撃的な動画もあり、客席からどよめきが起こりました。
 

命と水族館~いただきますの気持ち
命と水族館

 

石川創さんが捕鯨を語る
命と水族館(ゲスト)

 

強力なレーザ照射で日本の調査捕鯨を妨害する
シーシェパードの生々しい動画に衝撃が走る

命と水族館(シーシェパード)

 

このレポートの最後に告知を記載していますが、日本の捕鯨叩き映画  『ザ・コーヴ』 に対抗した、映画 『ビハインド・ザ・コーヴ』 の八木景子監督が、次回の超水族館ナイト(2017 春)の第二部のゲストに決まったそうです。八木監督の 『ビハインド・ザ・コーヴ』 に込められた想いとは?日本の食文化はなぜターゲットにされたのか? 八木監督と中村さんのトークが楽しみです。

第20回/常識はずして生き残れ!(2015年2月)

記念すべき20回目。ゲストに大女優・歌手の松島トモ子さん。ライオンに頭を割られ、ヒョウに首を噛まれて瀕死の重傷を負った話をまさか本人から聞けるとは。

中村さん
「松島トモ子さんとは第50回目の超水族館ナイトのゲストにも来てもらう約束をしています! 楽しみやなぁ! 絶対50回やろう! 」

 

最高の盛り上がっりとなった20回目の記念回
第20回 常識外して生き残れ!

 

松島トモ子さんのトークが最高でした
20回ゲスト 松島トモ子さん

 

超たけすいナイト/水族館の明日はどっちだ?(2016年12月)

「施設は古くてショボいけれど中身はメチャクチャ楽しい水族館」として、メディアでも話題沸騰! 連日大勢の来館者で賑わっている水族館といえば、愛知県蒲郡市にある竹島水族館です! その若き館長・小林龍二さんは中村さんの筆頭門下生。2016年に還暦を迎えた中村さんですが、偶然にも竹島水族館もちょうど60周年。頑張っている門下生に中村さんからのプレゼントとして竹島水族館近くの蒲郡商工会議所で開催されたのが、この 「竹島水族館60周年記念 超たけすいナイト」 。 愛知県内だけでなく、全国各地から200名近いお客さんが集まりました。(…って本家、カルカル超水族館ナイトよりもお客さん多い!!)

まさに生ける伝説! 超たけすいナイト!
超たけすいナイト

 

師匠と筆頭門下生によるスペシャルトーク!
超たけすいナイト(トーク)