「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

宇宙ブーム真っ只中!いま超絶アツいのは「宇宙カルチャー」! 『宇宙カルチャーパーティ 〜宇宙カルチャー推進協会 就航記念ライブ〜 』 ライブレポート(17.03/01開催)

2017年06月19日

宇宙 × CG

 

宇宙モノやメカニック物など独自の世界観を持つCGクリエイター・たくのぽりすさん登壇。今回のイベントのために特別に作成したというCGを披露してくれました。

 

たくのぽりすさん
たくのぽりすさん

 

普段は科学番組やプラネタリウムなどで超リアルな宇宙CG映像を作っている方ですが、

 

たくのぽりすさん名作(迷作?)CG
宇宙×CG

 

新井さん
「ゆるっ!!(笑)」

あまりの映像のユルさに思わず舞台に上がってきてしまった新井代表(笑)。

新井代表
「普段ものすごいリアルで緻密な凄いCGを作っているのに今日はなんでまたこんなにゆるくなっちゃったんですか?」

たくのぽりすさん
「Mitakaにも代表されるように宇宙のシミュレーション技術も進歩しきたので、宇宙カルチャーという視点に立った時、僕らクリエイターはリアルで科学的な宇宙を再現するよりも、これからは自分たちの脳内にあるそれぞれの宇宙を爆発させてみてはどうか。そんな思いで作りました。」

なるほど。リアルなだけがCGではありません。自分自身が宇宙をどのように捉え、どのようにイメージしているか? それを作品で表現することによって、単に「キレイ」で終わらずに、より深い共感を得られる気がします。

 


 

宇宙 × 音楽

 

ひときわ大きな拍手で迎えられたのはタレントとして宇宙の魅力を発信しながらJAXA宇宙飛行士を目指している黒田有彩さん。

中学2年生の時にアメリカのNASAに行ったことがキッカケで宇宙の虜になったそうです。「大好きな宇宙を学びたい!」と大学では物理学を専攻。その頃からタレント活動も開始し、「宇宙」と「芸能」という二つの道を歩み今日に至ります。

 

黒田有彩さん
黒田有彩さん

 

黒田さん
「宇宙飛行士になるために必要なものは沢山あります。宇宙飛行士の試験は10年に1回と言われていますが、知力と体力の他、実務経験も問われます。山崎直子さんならエンジニア、大西 卓哉宇さんならパイロットですね。色々な実務を経験された方が宇宙飛行士となっています。私は宇宙の魅力を伝えることを実務経験にして宇宙飛行士になりたいなと思っています。」

宇宙飛行候補者の募集要項には「日本人の宇宙飛行士としてふさわしい教養等(美しい日本語、日本文化や国際社会・異文化等への造詣、自己の経験を活き活きと伝える豊かな表現力、人文科学分野の教養等)を有すること」との記述があるそうで、「タレントとして活動しているからには表現力では誰にも負けない宇宙飛行士を目指したい」と決意を語ります。

黒田さんは2016年11月、自身が宇宙飛行士になるために必要なものを積み重ねていくベースとして、株式会社アンタレスを設立しました。

黒田さん
「アンタレスは蠍座の一等星。私は蠍座ということもあって昔からあの赤い星に自分を投影するような気持ちで地上から見ていたのですが、その時の想いを込めて会社の名前にしました。」

黒田さんがアンタレスでやりたいこと。それは宇宙と身近なものとの “かけ算”。例えば「宇宙✕食」で新たな宇宙食を開発したり、「宇宙✕ファッション」で宇宙で着たい服を作ったり…。

 

アンタレスの業務や未来像をプレゼン
アンタレスの業務説明

 

さて、本題の「宇宙 × 音楽」について。

黒田さん
「タレント活動を初めて10年ほどになりますが、舞台やミュージカルの経験もありまして、そのタレントとして培ってきた表現力を活かしながら宇宙の魅力を伝えるにはどうしたら良いのかを常に考えてた中で、「音楽」を「宇宙」を掛け合わせたら、自分だけにしか出来ない「宇宙の魅力を伝える」表現ができるのではないかと考え、プロジェクトの第1弾として楽曲リリースに挑戦しようと思いました。」

早速、宇宙の魅力を発信するプロジェクトを立ち上げ、CD制作のためのクラウドファンディングを実施。見事事成功し、2017年3月より一般発売となりました。

黒田さん
「音は空気が振動し、それが鼓膜を震わせ、脳に伝わって ” 聞こえる” んですよね。地球のように大気を持ち、生命がいる星でしか音楽は聞くことができない。宇宙全体で考えた時、身近に当たり前のように音楽があること、それは本当に奇跡だと思いませんか?」

今回はそのCD収録曲から「アンタレス」を披露してくれました。

 

アンタレスを熱唱する黒田さん
アンタレスを熱唱

 

CDの詳細・購入はコチラから

【CD収録曲】

1.アンタレス
地球から星を見ていると感じる「宇宙に包んでもらっている感覚」。そんな黒田さんの自身の宇宙観を込められたバラード。つくばエキスポセンター プラネタリウム番組『わくわく惑星ツアー 太陽系最前線』挿入歌。

2.Johnny B. Goode
1977年に飛び立った探査機・ボイジャー1号に搭載された、宇宙人への地球からのメッセージとして地球の代表的な音・音楽を集めた”ゴールデンレコード”収録楽曲の一つ。楽曲の新たなイメージを引き出すべく、エレクトロ調の大胆なアレンジが施された。