「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

NHK x カルカル presents「4時も!シブ5時ディレクソン」ライブレポート!NHKの夕方の新番組を面白くする企画を考えよう!参加者みんながTVディレクター!?(5月20日開催)

2017年06月27日

◆カビラさん×下世話ネタ!? ギャップの大きさがウリ、企画!「ジョン・カビラの良くないんです!」◆

4チーム目「ジョン・カビラの良くないんです!」は、品行方正イメージのカビラさんが、世の中の「下世話」ネタに対峙していくというもの。

あのカビラさんに下世話ネタ!? の「いいんです」「良くないんです!」をジャッジしてもらうのだとか。それこそいいんでしょうか?

「彼氏がいるのに、出会い系居酒屋に来ている女子の恋愛相談」など「良くないんです!」なネタをカビラさんが取り上げる面白さを売りにする企画は「制作費」問題がネック…。いくら企画内容がよくても「制作費」などの他の問題解決ができないと実現は難しい部分も。カビラさんが、現地に出向いて収録するには…「VTRの制作費ってかなりかかりますよね?」予算の問題の指摘も…。

 

◆番組MCが実体験を踏まえて、チームにジョイン。絶対負けられないチーム、登場!「#ヨジモ」◆

5チーム目「#ヨジモ」は、番組MCの廣瀬アナがメンバーのひとりとして参加している個性派チーム。

MCご本人自らプレゼン! 廣瀬さん本人が本人役で寸劇熱演!?

プレゼン冒頭から、ドラマ仕立てで、企画を説明していきます。番組のキャラクター「ヨジモ」を作り、視聴者から「今日のヨジモ」の写真を募集。基本ルール以外、表情や、形は自由という、みんなで作るキャラ「ヨジモ」を通じて、番組にも親しみを持ってもらおうという企画を提案しました。

実際の体験が活かされた企画内容はさすがです。

審査員からは「キャラクターが決まってないということは、グッズ化するときに困るのでは?」「いろいろありすぎると、認知がされず愛着が沸かないのでは?」などの意見も訊かれ「実現したあと」のことまで企画段階では考えなくてはならない厳しさに、なるほど、とうなずくばかり。

プロの仕事、本物の番組の企画をクリアするのは、やはり一筋縄ではいかないようです…。

いよいよ運命の審査タイム!

さて、5チームのプレゼンから、どの企画が、選ばれるのか?
全5チームの熱いプレゼンが終了、いよいよ審査です! 審査員が別室に移動します…。

どのチームが選ばれるのか!? 別室で審査中。

そしていよいよ結果発表の時間が…!