「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

『新潟柏崎を楽しむ!イケ飯・イケ酒・イケメンづくしの大人女子会』ライブレポート(17.06/28開催)

2017年08月21日

【物販コーナー】

 

柏崎のお土産が買える物販コーナも設けられ、新野屋の米菓子・豆菓子や日本海石地わさび園のわさび塩、柏崎のPRマスコットキャラクター「えちゴン」のグッズなどが並びました。開場直後から多くのお客さんが訪れ、こちらも大好評!

 

商品説明を新野屋の常務取締役・新野博人さん
物販コーナー

 

米菓子・豆菓子(新野屋)
柏崎のお菓子

 

わさび塩(石地わさび園)
わさび塩

 

カワイイ「えちゴングッズ」も
えちごんグッズ

 


 

【オープニング】

 

開場直後からイケ酒・イケ飯・イケメンで既に大盛り上がりでしたが、同時進行でトークショーも盛り上がりました。

柏崎に縁のある方々が次々と登壇していきますが、イベントの司会進行役はこちらの3人。柏崎市ものづくり元気発信課の今井由衣さん、柏崎シティセールス推進協議会の渡邉匠さん(フルタイム取締役社長COO)、東京カルチャカルチャーのテリー植田プロデューサー。

今井さんは東京カルチャーカルチャー3回目の出演。日頃から柏崎の魅力を語りまくっているだけに、女子アナ顔負けのステージ捌きをしていきます。

 

今井由衣さん(柏崎市役所)
今井さん

 

渡邉匠さん(柏崎シティセールス推進協議会)
渡邉さん

 

乾杯のご発声は柏崎市ものづくり・元気発信課の片桐武彦 課長。

 

開会の挨拶をする片桐課長
片桐さん

 

新潟柏崎を楽しむ大人女子会スタート!
乾杯!

 

この通り、超満員です!
超満員!

 

試飲・試食メニューの紹介中
メニュー紹介をする今井さん

 


 

【柏崎ってどんな町?】

 

柏崎観光協会理事の伊藤達栄さんが柏崎の紹介をしてくれました。

伊藤さんは柏崎市内の西本町にあるお肉屋さん「肉のいとう」の社長でもあり、前のページで紹介した「おらちのメンチカツ」は伊藤さんのお店の提供でした。

 

柏崎観光協会理事の伊藤さん
伊藤さん

 

海も山も美しい柏崎ですが、伊藤さんは趣味がサーフィンやシーカヤックなどのマリンスポーツとのことで、今回は「海のまち・柏崎」としてのその魅力を語ってくれました。

1.柏崎ってどこにあるの?

柏崎市は新潟県の海岸線のほぼ中央に位置。人口は8.7万人で、古くから天然の地形を活かした商・漁港として栄えてきた歴史ある町です。日本海に面していると聞くと東京からはものすごく遠い場所のように感じてしまいますが、東京から新幹線と在来線を乗り継いで2時間20分、車でも関越自動車道で練馬ICから約3時間弱。実は日帰り旅行も楽しめる近さです。

 

 東京から意外と近いぞ、柏崎!
マリンスポーツが盛ん

 

2.まさに絶景!柏崎の海

カルカルのスクリーンにてドローン空撮ムービー 「Gull’s View ~ 海の柏崎 絶景を飛ぶ ~」 を上映しながら伊藤さんのトークが続きます。

透明度の高い美しい海、佐渡ヶ島を望む絶好のロケーション、リアス式海岸が描き出す複雑な入り江や豪壮な岸壁、日本海に沈む夕陽…等々、本州にこれほどの海の絶景が存在していたことに驚かされます。あらゆるマリンレジャーが楽しめますが、特にオススメなのがシーカヤックや近年人気が高まっているSUPだそうで、

伊藤さん
「これらに乗って行かないと見られない絶景も沢山あります! 初心者でも気軽に初められるスクールも充実していますので、柏崎に観光に来られた場合はぜひ挑戦してみてください。すごく楽しいです!」

 

海の透明度が素晴らしい!
シーカヤックで海に出よう!

マリンスポーツが盛ん

 

そして、この絶景である
(スライドの写真は鴎ヶ鼻)

まさに絶景