「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

『新潟柏崎を楽しむ!イケ飯・イケ酒・イケメンづくしの大人女子会』ライブレポート(17.06/28開催)

2017年08月21日

【ものづくりトーク】

 

試飲・試食用にイケ酒・イケ飯を提供してくれた生産者をステージに招き、お話を伺うコーナー。

重野貴明さん(重野農産)

この日とても美味しいコシヒカリを提供してくれたワイルド系イケメン農家・重野さん。山々から流れる水の恵みを活かした米作りを営んでいます。お米作りに懸ける想いなどを熱く語ってくれました。

 

重野農産の重野貴明さん(5代目代表)
重野貴明さん

 

重野農産のお米は、化学肥料の使用量を慣例の50%以下に抑えた新潟県認証取得している特別栽培米で、JA柏崎主催の「お米の食味コンテスト」で、平成27年度は優秀賞、28年度は優良賞に輝いています。

重野さん
「特に肥料にはこだわっていまして、元気ゆうき君(※1)を使用しています。ウチのお米は甘みがあってモチモチしていて、冷えても美味しいのが特徴です。」

※1 魚のアラを主成分に、こぬか・もみ殻・炭・おから・特殊発酵菌を加えて、発酵処理した特殊有機肥料

「自分がこだわり持って育てたお米は、自分の手でこだわりを持って売っていきたい!」と語る重野さん。米袋やダンボールをおしゃれなデザインにしたり、気軽においしい米が食べられるようにとペットボトルに入った無洗米を商品化するなど、アイデアを次々と形にしています。

 

ペットボトル入り無洗米
冷蔵庫で保存しやすく、計量せずにすぐ使える
ペットボトル入り重米

 

近年、こめどころ・新潟でも農家の高齢化が進み、リタイアする農家が後を絶たない状況が続いているそうで、重野さんは重野農産のPRも兼ねて、そんな地元農業の停滞感を打ち破ろうと動画を自作。今回、そのプチ上映も行われました。

 

重野さん自作のムービー。
予告編と本編の2部構成で客席からは拍手が。
重野さんの動画

 

阿部裕太さん(阿部酒造

阿部酒造の6代目蔵元杜氏・阿部裕太さんは、もともと飲食店検索サイトを運営する企業に勤めていたそうで、2015年に蔵に戻り、2016年より製造責任者に就任。

 

こちらもイケメン!
阿部酒造の6代目・阿部裕太さん
阿部裕太さん

 

阿部酒造は1804年創業。小さいながらも非常に歴史と伝統のある酒蔵で、柏崎の名山・米山より湧き出る水と柏崎の米を使って、丹精込めた酒造りを行っています。

阿部酒造の代表銘柄である「越乃男山」は、父親である5代目蔵元・阿部庄一さんが地元を中心に展開していますが、6代目裕太さんは 「あべシリーズ」「☆シリーズ」 を主に首都圏向けに積極的に展開中。今回は「☆シリーズ」から 『VEGA』『REGULUS』 という2種類を持ってきてくれました。

阿部さん
「共に少し日本酒らしくないテイストの造りをしておりまして、エチケット(ラベル)も日本酒とは少し異なったデザインでリリースさせて頂いています。」

阿部さん
「日本酒を飲み慣れている人にとっては 、ややもするとは好みのタイプではかもしれませんが、普段、日本酒を飲まない20~30代の女性をターゲットに酒質設計していまして、日本酒に触れるキッカケになってくれたら嬉しいです。」

 

自身が製造責任者として展開する
☆シリーズ(VEGA/REGULUS)のプレゼン
阿部酒造☆シリーズ

 

プレゼン終わりに、阿部酒造の取り組みとして「米と人と水を伝える酒造り」を掲げ、それによって「米を守り、土地を守り、人を守っていく」と力強く語った6代目の真剣な眼差しが印象的でした。