「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

駿河湾産桜えびと最高級・用宗港水揚げしらすを地元メニューで堪能。地酒と野菜もたっぷりあるだよ。 『しずぉ〜かの桜えび&しらす祭り〜静岡の幸を味わい尽くせ! 』ライブレポート(17.11/13開催)

2018年01月09日

3.用宗を世界的観光都市に

続いては、静岡市で不動産と観光の会社を営む小島さんが登壇。静岡市の、特に 用宗 を中心としたエリアの観光開発について語ってくれました。

 

CSA不動産/CSAtravel
代表取締役 CEO 小島孝仁さん
小島さん

 

静岡県には数多くの観光名所があり、旅のテーマも豊富。世界遺産に登録された富士山をはじめ、浜松城を擁する浜松、伊豆や熱海などの温泉地も観光スポットとして人気を集めています。

しかし、実際には、東京から静岡に観光に来る人の7割は熱海・御殿場・伊豆などの県東部に集中していて、「なかなか静岡市までは来てもらえない」と小島さん。

小島さん
「静岡市は海から山まで非常に広く、山の風景、町の風景、海の風景…等々、場所によって、また季節によって、驚くほど違った表情を見せてくれます。三保の松原から望む富士山、静岡のマチュピチュとも呼ばれる大代の 『天空の茶畑』、 漁港の風景、古民家が並ぶ街並み…。そんな静岡市の魅力をより多くの人に知ってもらいたいと考えています。」

 

全く異なる風景写真が並ぶ
これらは全て同じ静岡市内で撮られたもの
静岡市の観光スポット

 

■ なぜ不動産会社が観光の会社を立ち上げたのか?

近年、地方都市の人口減少問題が深刻化しています。静岡市の中心街はまだ栄えてはいるものの 「統計を取ると少しずつ人通りが減少していることが分かる(小島さん)」 そうで、

小島さん
「不動産業を生業とする立場としては、この商店街の賑わいをどう維持していくかを、 会社として考え、取り組んでいかなければなりません。そこで、まずは全国各地から観光に来てもらい、気に入ってもらって、あわよくば移住してもらいたいと考え、自分たちの作った施設を以て観光開発をしていくことにしました。」

しらすで有名な用宗をその拠点にして考え、様々なプロジェクトが進行中。例えば、地ビールの工場を企画して立ち上げたり、2017年にはガイアフロー社との共同プロジェクト「クラフトウィスキー in オクシズ」により、静岡市の中山間地(奥静岡=オクシズ)にクラフトウィスキーの蒸溜所がオープンするなど急速に活気づいています。

 

CSAtravelで企画した地ビールの工場の数々
地ビールの向上を企画開発

 

小島さん
「それと用宗にはお洒落なお店がなかったので、我々の方でジェラート屋さんも始めました!」

用宗の海水浴場の前にある古い居酒屋をリノベーションし、2017年7月に開業。12種類の静岡市産の食材を使ったジェラートが楽しめるそうです。久能産のイチゴ、静岡ワサビ、長田地区の桃 …等々。小島さんが「是非、食べてほしい!」と力を入れるのが、用宗産釜揚げしらすを使ったジェラートしらすヨーグルト。アイスの甘さとシラスのしょっぱさが程良くマッチした絶妙な味わいだそうです。

—–
お店はコチラ( ↓ )

ジェラート専門店『LA PALETTE
—–
■ 用宗ってどんな町

用宗は静岡駅から西へ2駅。駿河湾を望み海越しに見る美しい富士山と、静岡随一とも言われるノスタルジックな街並みが魅力の町。観光スポットとしてはしらす漁が有名な 漁港エリア の他、 ビーチエリア 、 路地裏エリア の3つに大別されます。

用宗海岸海水浴場は用宗駅から徒歩5分。水質は静岡県内でもトップクラスで、海底がクッキリ見えるほどの透明度があるそうです。

小島さん
「クオリティは日本屈指の海水浴場だと思います。ただ、知名度がまだまだ追いついていないので空いています。波も静かなので家族でのんびりと過ごすには良いと思います。」

また、路地裏エリアは、古く趣きのある建物や路地が多く残されおり、 「古き良き」 を随所で感じることができる場所。

テリーP
「用宗に泊まる場所ってあるんですか?」

小島さん
「まだ数は少ないのですが、我が社では用宗の町のノスタルジックな雰囲気を味わって頂けるよう、古民家を買い取って改装し、1棟貸しの宿泊施設として提供させて頂いています。広いドッグランもありるので、ペット泊まることもできます。」

小島さん
「用宗ではこの10年の間に30棟近い古民家が壊されました。なんとかそれを残す方法はないか、有効利用する方法はないかと考え、このような取り組みを始めました。幸い多くのお客様に好評を頂いており、今後、さらに数を増やしていく予定です。」

 

好評な用宗「古民家」を一棟貸し
古民家をリノベーションして宿泊施設に

 

詳細は下記リンク参照
古民家一棟貸しの宿 日本色

小島さん
「静岡市は東京からも近いので十分日帰りできますが、でも、敢えて一泊してゆとりをもって静岡の町を歩いてもらえたら嬉しいです! また、用宗に宿泊し、用宗を拠点に県内の様々な観光スポットへを巡るものオススメです。」

 

用宗から1時間でアクセスできる
県内の観光スポットをスライドで紹介

静岡市を拠点に静岡観光を!

 

■ 用宗の魅力を探究するサイト 『exite 用宗』

CSAtravel では用宗の魅力や観光情報を発信するサイトexite 用宗も開設。「世界的観光都市」を目指して五ヶ国語で更新されています。しかも、ただの翻訳ではなくCSAtravelのタイ・ミャンマー・中国・インドネシア・フランス・フィリピン国籍の正社員が、自らの足で用宗の町を歩き、自らの母国語で情報信しているのがポイント。

 

用宗の魅力を日本へ
世界へ発信するサイト 「
excite用宗」
用宗の魅力を世界に発信

 

世界的観光都市を目指して
世界的な観光都市を目指して

 

にわかに活気づいている用宗の観光開発。今後も注目していきたいと思います。