「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

いちごの産地(大分、熊本、宮崎、和歌山、栃木、茨城、東京)のいちご” を、お腹いっぱい食べ比べ! 『苺まつり』美味しさ自慢の”いちご”が大集合!ライブレポート(18.02/02開催)

2018年03月28日

昨年(2017年)8月に超満員&大盛況となった Fruit lovers Life による初イベント 桃まつり から半年、最高に美味しいフルーツをお腹いっぱいに味わえる、あの夢のようなイベントがカルカルに帰ってきました。

今回のテーマは『苺』。 そう、 『苺まつり』 です!

7つの産地 (大分・熊本・宮崎・和歌山・栃木・茨城・東京) から美味しさ自慢の完熟苺が渋谷に大集合! それらを特別協賛の 新宿高野/タカノフルーツパーラー によるスペシャルメューで頂くという贅沢この上ないひとときとなりました。

この日カルカルに集められたブランド苺は、誰もがその名を聞いたことのある人気種だけでなく、開発されたばかりで産地でもまだ殆ど出回っていない超希少な新品種や、産地としての規模が小さいため今はまだあまり知られてはいないもののタカノがその味を高く評価している ”影の実力者” 的な品種など、言わば 次世代を担うであろう苺たち もラインナップされました。  最高に美味しい苺を最高に美味しい食べ方で堪能しながら苺のトレンドを先取りし、一夜にして ”イチゴ通” になれてしまうイベントとあって、チケットは早々にソールド。 大勢のイチゴ好き&フルーツ好きが駆けつけた ”苺の祭典” をレポートします。

 

カルカルとしても初の苺イベントです 
苺まつり

 


 

私がカルカルに到着したのが開場10分前ぐらいだったでしょうか。既に入場待ちの列ができていました。このイベントへの注目度の高さ、期待の高さが伺えます。

 

開場を待ちわびる苺好きの皆さん
開場を待つお客さん

 

そんなお客さんを出迎えてくれたのが、今回の 『苺まつり』 に参加した7産地の内の1つ、茨城県からやって来た ハッスル黄門 さま。言わずと知れた水戸藩第2代藩主である徳川光圀をモデルとした茨城県のPRマスコットです。後ほど紹介しますが、今回、茨城県は 「いばらキッス」 という県のオリジナル品種の苺を提供してくれました。ハッスル黄門さまも 苺のポシェットを着けての登場です。

 

ハッスル黄門さまが来場!
苺ポシェットが可愛いらしい

ハッスル黄門

 

エントランス横には各産地の苺の展示も
苺の展示

 

こちらは充実の物販コーナー
物販コーナー

 

物販コーナーでは
東京・加藤農園の朝採れ完熟苺の他、
宮崎産高級苺「おおきみ」、
苺を使った飲料・加工品等を販売。

物販コーナー(加藤農園)

 

贅沢いちごソーダ
贅沢いちごソーダ

 


 

さて、開場時刻となりカルカル店内に足を踏み入れると、一気に芳醇な苺の香りに包まれます。それもそのはず。タカノフルーツパーラーの皆さんが、スペシャルメニューの準備のために山のようにドッサリと用意された各産地の苺を次々とカットしていました。驚いたのがその全てが真っ赤に熟していること! (白い部分が見当たらない!) 完熟状態で収穫された苺でしか生まれない甘く瑞々しい香りに期待が高まります。

 

前回の「桃まつり」に続き、
カルカルにタカノがやってきました!

タカノブース

 

各産地のブランド苺がドッサリ!
それらを手際よくカットして
美しく盛りつけていきます。

スペシャルメニューの準備が進む

 

そして、ひときわ目を引いたのが コチラ( ↓ )

 

苺のグラスツリー!!
イチゴのグラスツリー
「桃まつり」に続き、 とても素敵な
エディブルフラワーで
華を添えてくれた
日本エディブルフラワー協会理事の

Juliさん夜のケーキ屋さん)もこの笑顔!

 

同じく後ほど詳しく紹介しますが、ツリーのグラスに入れられた苺は、昨年(2017年)12月にお披露目されたばかりの ”ベリーツ” という大分県が8年の歳月をかけて開発したた大分県オリジナルの新品種。今冬が初の本格出荷となるそうですが、まだ生産量がごく僅かなため、産地でも入手が非常に困難と聞きます。そんな超貴重な苺を使って、贅沢すぎるシャンパンタワー!

 

今年はカルカルでしか見られない!?
「ベリーツ」のシャンパンタワー!

イチゴのシャンパンタワー

 

グラスに注がれたのは 「いいちこ」 でおなじみの 三和酒類(こちらも大分県は宇佐市) が 安心院葡萄酒工房 にて、安心院町で収穫されたシャルドネの葡萄を原料にシャンパンと同じ製法で作った 安心院スパークリングワイン 。きめ細やかな泡立ちと、トロピカルフルーツや酵母由来のトースト香が広がる豊かな風味、爽やかな酸味が特徴で、2011年から2017までの間に、日本ワインコンクール (Japan Wine Competition)のスパークリングワイン部門において5度も金賞・部門最高賞に輝いてます。

グラスを受け取り、これが今回ののウェルカムドリンク。
題して ”ベリーツと安心院スパークリングワインのマリアージュ”

 


可愛らしいエディブルフラワーも
アクセント

ウェルカムドリンク

 

ステージでもシャンパンタワー
ステージ上のシャンパンタワー

 

ウェルカムドリンクが全員に
行き渡ったところで 乾杯!
「苺まつり」の
スタートです!
チアーズ

 

平日開催ながらお客さんは100名超え!
「桃まつり」に続き超満員になりました。

超満員で「苺まつり」スタート

 

本イベントを主催したのは 「フルーツが大好きな人をもっともっと増やし、フルーツをもっともっと楽しむこと」 を目的に、2017年2月に設立されたコミュニティー Fruits lovers Life(フルーツラバーズライフ)。代表の 原詩織さん が開会の挨拶に立ちます。

 

Fruits lovers Life 代表の原詩織さん
原詩織さん

 

原詩織さん
「 皆さん、ご来場ありがうございます! 私ども『Fruits lovers Life(フルーツラバーズライフ)』は、日本のフルーツを心から楽しんでもらいたいとの想いから、このようなイベントを企画・開催しています。今日は最高に美味しい苺を存分に味わって頂けるよう、各産地の皆様、新宿高野 及び 日比谷Barの皆様とともに、心を込めて提供させて頂きます。よろしくお願いします!」

 

(next:  苺まつり特別メニュー)