ココでしか体験できないイベントを連日開催する飲食店

【#ペダルナイト 2018 福岡大阪東京ツアー開催決定!/ 昨年のペダルナイト振り返り】 『弱虫ペダル 50巻記念☆ペダルナイト9&10@なかのZERO』 ライブレポート(17.05/15開催)

2018年03月26日

■ キャラクター呼び込み

 

さぁ、夜の部はどんなメンバーが来てくれたのか?
昼の部と同様にみんなで名前をコールして呼び込んでいきます。

昼の部で ”弟” が予告していたように、まずはこの男…!

 

新開隼人
新開兄

 

石垣光太郎
石垣

 

50巻記念でカラーが作成された寒咲通司
通司

 

(↓ クリックで少しだけ拡大表示します ↓)


福富寿一
荒北
荒北靖友
東堂
東堂尽八
金城
金城 真護
田所
田所 迅
巻島
巻島 裕介
辻・井原
辻・井原
安
安 浩数
小関
小関 将

 

ちょっとイレギュラーなところでアラキタくんも
アラキタくん

 

そして、東京公演・夜の部、記念すべき10回目のペダルナイトの主役、広島呉南工業の…

 

待宮 栄吉 と 井尾谷 諒
待宮&伊比谷

 

横山店長
「以上、メンバーでお届けします!」

航先生
「夜だけに、顔ぶれが大人ですねぇ。シブイ!」

 


 

■ 50巻記念 読み語りコーナー
~ 航先生が語るスペアバイク名シーン ~

 

 

トンデモなく盛り上がった昼の部の ”読み語りコーナー” 。洋南大ジャージを紹介した直後ということで、まずは軽く32巻の 洋南大の2人(荒北、金城)のシーンに軽く触れてから、寒咲通司荒北靖友 の過去を名シーンと共に紐解いて行く…。

 

航先生「読み聞かせをしている気分です(笑)」
夜の部、読み語り

 

ファーストリザルトのラインに
1着で飛び込んだ田所をに
「獲ったな田所」と寒咲
寒咲と田所

 

洋南大の力を見せてやろう!
荒北「超デコボココンビだけどな!」

金城「案外そうでもないサ!」
洋南大凸凹コンビ

 

荒北この表紙がスクリーンに映し出された瞬間、
客席からなんとも言えない「ああっ…」の声
スペアバイク 荒北

 

福富「この走り!! 荒北!! お前は!!」
荒北「インハイ最終日の先頭はハンパなくキモチィイ」
荒北、最後のインハイ

 

航先生がページを捲った瞬間
なかのZEROの空気がしんみりと…

荒北離脱

 

横山店長
「先生、前から思っていましたが、荒北のセリフが一番上手いです!!」

航先生
「ありがとうございます!!荒北は(感情が)入っちゃいますねぇ!」

客席:(大拍手)

横山店長
「荒北が仕事を終えてチームから離脱していくシーンは、男子にはもの凄く共感を呼んだり心に響くところがあって、新城選手も 『号泣した』 と言っていました!」

 

全コミックスの中を自由に飛び回りながら
関連する場面を次々読み語りしていく航先生
全コミックスの中を飛び回る

 

そして、 ”広島の2人のコトも話しちゃうかもよナイト” ということで、当然コチラの2人も触れていきます。待宮栄吉井尾谷諒 。但し、コミックス派の方々へのネタバレ配慮からオブラートに包みつつ…となりました。その先については、次の機会にまたガンガンに語って頂きましょう!

 

待宮「負けたんじゃよ、ワシらは…」
井尾谷「待宮(ミヤ)ぁぁ!!」
スペアバイク 広島呉南工

 

チェックメイト東村が先輩たちに聞いたところによれば、

航先生
「井尾谷さんは昔、相当に悪かったらしい。どのぐらい悪かったのかというと…」

 

ドーン!
悪かった井尾谷

 

航先生
「悪すぎでしょ!! 顎マスクに3連ピアス。これまではMAXヤンキーと言えば荒北さんだったのですが、一瞬で飛び越えちゃいました。ホントすみません!(笑)」

 

待宮と井尾谷が並び立つ
スクリーンに大写しされるとなかなか怖い(汗)
待宮&井尾谷

 

航先生
「ちなみに、この画の最大のポイントは井尾谷が持っているマンガ雑誌ですね。みんな ”マガジン” だと思っているでしょ? 違うんです! 井尾谷の愛読書は…」

 

航先生「マガンジです! お間違いなく!(笑)」
ホントだ!マガンジだ!

 

夜の部でも、読み語りシーンのネームをドッサリ披露してくれました。

 

ネームも解説付きでたっぷり公開!
ネーム公開(広島編)

 

ここでいったん「読み語りコーナー はここで終了して、プログラムを先に進めていったのですが、イベント終盤に「時間が許す限りのやっちゃましょう!(航先生)」と、石垣光太郎 や 新開悠人 のシーンの読み語りも追加で行われました。

とにかく 作者自らが語る臨場感が凄い! お客さんの一体感が凄い! ページ捲りの漫画の感動を1000人超で共有するという非日常的空間。とても楽しい時間でした。大好評のため ””読み語りライブ” は  2018年のペダルナイトでも大フューチャリング が決定!  あの名シーン、伝説のシーンの数々を初出しマル秘エピソードも盛り沢山でたっぷり読み語りしてくれるそうなので期待せずにはいられません。

航先生
「漫画は描いてからどんなに短くても数週間が経って本が発売され、そこでようやく読んでくれた方のリアクションがもらえる。でも、その時、僕はその数週間分先を描き進めているワケです。だから漫画家というのはダイレクトなリアクションを得られることって普通はないんですね。でも、今日は正にダイレクトリアクション。本当にやって良かったと思います!」