「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

目に見えないモノノケを目撃する!『TOKYO妖怪ナイト vol.2 ~ 妖怪造形大賞の最新(本年7月)受賞作品公開』 ライブレポート(18.07/21開催)

2018年09月04日

山谷が深く、光と闇の織り成す密やかな景観もある 小豆島 は、路地が不規則に走り、物陰に何か潜んでいそうな妖気に満ちた ”迷路のまち”。そこで毎年開催されている 妖怪造形大賞 をテーマに、その最新受賞作品を展示しながら ”妖怪トーク” を繰り広げるイベント 『TOKYO妖怪ナイト』 が、この夏も渋谷カルカルで開催されました。

カルカル屈指の人気イベント 「中村元の超水族館ナイト」 でおなじみの 水族館プロデューサー・中村元さん がナビゲートする形で、歴史と文化と妖怪に精通する日本初の 妖怪博士・香川雅信さん、小豆島で数多の妖怪を産み続けている 妖怪画家・柳生忠平さん といったクセの強いキワモノたちをゲストに迎え、妖怪談義が繰り広げられました。

初開催となった昨年は 「河童を見たことがある!」 と語る中村元さんと 「河童は存在しないからこそ妖怪たりえるのだ」 と主張する香川先生による ”河童はいる or いない論争” で大盛り上がりとなりましたが、さて、今年はどうなった…!? そして、前回同様、公演中に忠平さんが筆を執り、新たな妖怪も生みだすパフォーマンスも。

恐ろしくも可愛らしい妖怪たちが大集合! カルカルが妖気満ち溢れた一夜をレポートします。

 


 

カルカルが妖怪の館に…!?

 

■ カボソ

小豆島に伝わるカワウソの妖怪。人を化かすと言われる。
忠平さんが伝承を元に描き出したカボソの絵を元に
造形師の米田武志さんがおどおどろしい立体造形に仕上げた。

 

かぼそ

 

■ 猫又

人間に飼われている猫が長生き(一説には20年)すると、
やがてしっぽが2つに割れて、
人の言葉を話す猫又に化けると言い伝えられている。

 

ねこまた

 


 

【 妖怪造形大賞とは 】

 

小豆島を拠点に活躍する 妖怪画家・柳生忠平さん を中心に、全国から(全世界から)あらゆる妖怪の造形物を集めて、小豆島に 「世界一妖怪が生まれる島」としての賑わいを創出しようと、2013年に小豆島で始まった妖怪に特化した造形作品コンテストが、この 『妖怪造形大賞』です。今年(2018)で5回目の開催となりましたが、日本と台湾の観光交流を促進する「2017 日台観光サミット in 四国」の開催を機に、昨年(第四回)からは日本と台湾で作品を募集するようになり、大きな注目を集めています。

北原照久さん(横浜ブリキのおもちゃ博物館 館長)、宮脇修一さん(海洋堂 代表取締役)、美内すずえさん(漫画家・「ガラスの仮面」ほか)、須田正己さん(作画監督・アニメーター・「北斗の拳」「ガッチャマン」「妖怪ウォッチ」ほか)、米田武志さん(造形師)ら、各界を代表する豪華審査委員を迎え、造形技術はもちろん、作品の背景にあるストーリー性や作者の想いに至るまで審査を行い入賞作品が選ばれます。

「妖怪造形大賞」のユニークな作品の数々は、忠平さんが館長を務める 「妖怪美術館MeiPAM」 に大切に収蔵されますが、その数、なんと既に800体以上!  小豆島は正真正銘「世界一妖怪が生まれる島」なのです。

 

妖怪造形大賞の審査の様子
(審査委員長:北原照久さん)
妖怪造形大賞審査の様子1

 

審査委員の米田武志さん
妖怪造形大賞審査の様子2

 

審査を行う柳生忠平さん
妖怪造形大賞審査の様子3

 

妖怪造形大賞審査委員の皆さん
(豪華すぎる顔ぶれ!)
審査員の皆さん

 

昨年の作品を少しだけ紹介…

■ とりかえっこ(北原照久賞)/ 作者:海北雅史

眠っている人の顔に被さり、他人の顔に取り替える妖怪。
そして取り替えた顔をまた別の人の顔に取り替えて行く。
目覚めた時、鏡に映っている顔は
全く見た事の無い別人の顔になっている。

 

TOKYO妖怪ナイト vol.1
(2017/08開催)にて撮影
昨年の作品1

 

■ 藥神鹿羽谷(小豆島ヘルシーランド賞)/ 作者:吳燦華

山に住む白鹿が時を経て妖怪となった。
慈悲の心を持ち、薬草を自身の身体に植え付ける。
錬丹術で人々を救う。その薬草の中の青色の”鹿羽草”は
生き返りと魂を鎮める効果があり、神の薬と呼ばれている。
人々は白鹿を狙い、生きるために身を隠した。
最後に白鹿が目撃された場所が”鹿羽谷”ということから、
この鹿の名前が「薬神鹿羽谷」と呼ばれるようになった。

 

TOKYO妖怪ナイト vol.1
(2017/08開催)にて撮影
昨年の作品3

 

■ 蝋神(宮脇修一賞)/ 作者:石橋エイジ・石橋マキコ

ロウソクの火は命の灯火である。
生と死のあるところに蝋神はあらわれる。
蝋神のロウソクから火を移す事で魂が宿り、
逆にまもなく死を迎えるであろうものから、
自分のロウソクに火を移すのである。

 

TOKYO妖怪ナイト vol.1
(2017/08開催)にて撮影
昨年の作品4

 

※本レポートを読み進めるに当たって、この作品( ↑ )、ちょっと覚えておいてください。

 

昨年(2017年)のグランプリ受賞作品

昨年の妖怪造形大賞の最優秀賞がコチラ( ↓ )の作品。河童の赤ちゃんのところに金魚が遊びにやってきた場面。細部のシワまで非常にリアルに再現されています。作者は台湾の方ですが、作品は ”日本の河童” のイメージ。本作品だけでなく台湾からの応募作品には日本の漫画やアニメの影響を受けたものが多いようです。台湾の有名な妖怪と言えばキョンシーが挙げられますが、キョンシーは死んだ人そのものなので、作品にするには生々しすぎるのかもしれませんね。

■ 驚螫(最優秀作品賞)/ 作者:劉宇桓

春の雷が鳴り響き、万物が目覚める瞬間を表現。
作品のタイトルもそれに由来したものとなっている。
生気と驚きにあふれ、生物と生物の接触。
伝説の起点とも言え、また衰微後の再生を表してもいる。
もしあなたが土台を回したなら、新たな物語が語られるだろう。

 

TOKYO妖怪ナイト vol.1
(2017/08開催)の資料画像より
昨年の大賞

 


 

【 TOKYO妖怪ナイトとは 】

 

『TOKYO妖怪ナイト』は、西日本や台湾で熱く盛り上がっている 妖怪造形大賞 の作品を 「ぜひ、東京でも見たい!」 との声に応えて、昨年(2017年)から始まりました。今回が2回目の開催。

小豆島から最新の受賞作品を引っ張り出し、カルチャーの発信地・渋谷で展示を行うとともに、日本の民俗学を学ぶ上で重要なヒントを与えてくれる妖怪に関するトークショーも実施。小豆島だけでなく渋谷発でも ”妖怪カルチャー” を盛り上げていく、妖怪ファン必見のイベントです。

妖気に満ちた小豆島

 

小豆島八十八ヶ所霊場54番札所
宝生院の真柏(シンパク)
樹齢1,500年以上と言われる神木
シンパク

 

小豆島八十八ヶ所霊場60番札所・江洞窟。
岩壁の中に巨大な丸い石がある
江洞窟

 


 

【 妖怪画家・柳生忠平 】

 

香川県小豆島生まれの 妖怪画家・絵描鬼(えかき)。妖怪造形大賞審査員、妖怪美術館MeiPAM の館長でもある。八十八ヶ所の霊場を巡るお遍路信仰が今も残る霊性の島・小豆島に伝わる妖怪や八百万の神々の伝承話を蒐集し、それら ”目に見えないモノ” たちの声に耳を澄まし「頭のテッペンからつま先まで全身これ一本の筆となって(忠平さん)」その姿を描き続けている。

東京、大阪、京都、香川など国内の各都市はもちろん、近年はイタリアや台湾でも個展を行うなど、世界中に「妖怪アート」の魅力を紹介。特に台湾では高い人気を誇り、忠平さんの作品をキッカケに台湾から小豆島を訪れる観光客も急増中。

 

妖怪画家・柳生忠平さん
柳生忠平さん

 

本イベントのナビゲーター
中村元さんが購入した忠平さんの鬼の絵
柳生忠平さんの作品(鬼)

 

私も忠平さんの描いた河童団扇を愛用中
柳生忠平さんの作品(河童の団扇)

 

忠平さんの仕事風景

 

筆を執る姿は真剣そのもの
忠平さんの仕事風景

 

巨大妖怪天井画モノノケマンダラを描く
忠平さんの仕事風景(天井画)

 


 

【 他、出演者紹介 】

 

妖怪トークショーでは、妖怪画家・柳生忠平さんに加えて、以下のメンバー(キワモノ&クセモノ揃い!)が妖怪談義に花を咲かせました。

中村元
(水族館プロデューサー/「中村元の超水族館ナイト」主宰)

鳥羽水族館入社後、アシカトレーナー、企画室長を経て新しい鳥羽水族館をプロデュースし、副館長を務める。2002年に日本で唯一人の水族館プロデューサーとして独立し、新江ノ島水族館、サンシャイン水族館、北の大地の水族館の展示プロデュースを手掛け、いずれも大成功に導いた。特に昨年(2017年)は6月にゼロから創り上げた新設水族館 「マリホ水族館」 がオープン。さらに 7月にはサンシャイン水族館の屋外エリア(マリンガーデン)の展示リニューアル 「天空のオアシス第二章」 を成功させ、大きな話題を呼んだ。カルカルで2008年から開催しているトークイベント『中村元の超水族館ナイト』は、2018年6月の開催を以て記念の ”30回” に到達。毎回満員御礼という ”生ける伝説”イベントとなっている。

 

中村元さん
(妖怪造形大賞総合プロデューサー)
中村元さん

 

上の写真のキャプションに記したように、実は中村さんは『妖怪造形大賞』 総合プロデューサー を務めています。中村さんは過去の超水族館ナイトにおいて「日本は先進国と呼ばれる国の中で、唯一国民の殆どがアニミズムの精神を持ちあわせている類い希な国である」と語り、自身のプロデュースした水槽展示で 河童の現れそうな日本の川や、磯女が潜んでいそうな岩礁 を創り出したりもしています。

中村さん
「僕は幼い頃に親に連れて行ってもらった水族館で妖怪を初めて見ました。今でもその時の衝撃はハッキリと覚えています。そう、あれは一反木綿でした。白い大きな顔がケタケタ笑いながら目の前を泳いでいったんです!」

幼い日の中村さんが見たのは大きなアカエイのお腹だったのですが、多種多様な生き物が集められた水族館はまさに「妖怪の館」と呼べるもの。水族館と妖怪の親和性は非常に高そうです。TOKYO妖怪ナイトはそんな中村さんが ”水の妖怪話” を交えつつ抱腹絶倒の中村節でナビゲート。

 

■ 香川雅信
(妖怪博士/兵庫県立歴史博物館 主査/学芸員)

日本で初めて「妖怪」に関する論文で博士号(学術)を取得した経歴を持つ人呼んで「妖怪博士」。『江戸の妖怪革命(河出書房新社 2005)』など、著書・発表論文多数。

 

妖怪博士・香川 先生
(兵庫県立歴史博物館・学芸員)

香川先生

 

妖怪博士と聞いて、香川先生はさぞかし妖怪が大好きで、毎日妖怪に会いたいと思いながら研究しているのだろうなぁと思いきや…!?

香川先生
僕は神も仏も妖怪も信じていません。妖怪の研究をしていると 『妖怪って実在するんですか?』 とよく質問されるのですが、 僕は妖怪がいるかいないかを研究しているのではなくて、むしろ妖怪はいないことを前提に、『人間はなぜ、妖怪を必要としてきたのか』『歴史の中で人々は妖怪をどのように捉えてきたのか』を研究しています。妖怪が実際にいたとしたら、それはもはや妖怪ではなく、ただの珍しい動物です!(笑)。言い伝えを一つ一つきちんと調べて行けば分かることですが、子泣き爺はジジイじゃないし、砂かけ婆はババアじゃないし、一反木綿は木綿じゃないし、塗り壁は壁じゃないんです! 』

…と、あくまで研究者として、客観的に妖怪を考察するスタンス。

そんなこともあって、昨年のTOKYO妖怪ナイトでは「河童を見た」と主張する中村さんとの間に「河童は いる or いない」の 妖怪論争が勃発しました。1年ぶりに妖怪ナイトで論争再開か…!?

 

■ テリー植田
(司会進行/東京カルチャーカルチャー・プロデューサー)

古の都・奈良県は桜井市の出身。実家は三輪そうめんの製麺所で、夏場を中心に ”そうめん研究家・ソーメン二郎” としても活躍中。三輪そうめんと並んで日本三大そうめんの一つに数えられる「小豆島そうめん」のリサーチため、かねてより『妖怪造形大賞』の舞台である小豆島を訪れている。

 

テリーP(司会進行)
テリーP

 

奈良県桜井市と言えば 大神神社 が有名です。ご神体である三輪山では全ての樹木・草・岩・石に至る全ての物に神が宿るとされているように、テリーPが生まれ育った土地には、神話や沢山の妖怪話が伝承されているそうです。後半の部ではテリーPがずっと気になっていたという ”ある質問” から深いトークが展開されていきます。(詳しくは後ほど)

 


 

前説が長くなりましたが、乾杯で ”妖怪トークショー” スタートです!

中村さん
「みなさまのご繁栄と日本中の妖怪が益々活躍できますことを祈念致しまして…乾杯!」

 

妖怪たちに乾杯!
妖怪に乾杯!

 

カルカルに集った妖怪好きな人たち
客席も乾杯

 

妖怪トーク始まりました!
妖怪トークスタート!