「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

人気お天気キャスター、気象予報士が大集合!『お天気キャスター・気象予報士大集合’18 〜津波・天災を忘れないために〜』ライブレポート(18.11/16開催)

2018年12月03日

【  チャリティーオークション(木原実 編) 】

 

木原さんは今では手に入らないレアなモノを多数持ってきてくれました。

まず、第5代中央気象台長(現気象庁長官)・藤原咲平氏の『氣象と人生』という本。1930年(昭和5年)初版発行。当時の定価は70銭。以前、森田さんも「面白い本を見つけた」とブログで紹介していた貴重な本です。当時の最新の予報技術や、気象と生活の関わりなどを知ることができます。

 

「気象と人生・藤原咲平 著」
古い気象学の本

 

戦前の書物なので
本のタイトル等は右横書き
昭和16年発行!

 

貴重な本の登場にザワつくステージ上
あまりの古さにステージ上も騒然

 

そして、客席が騒然となったのは 「ヤン坊マー坊天気予報」 のタイトル画面のカード。デジタル時代の今ではCGが当たり前ですが、アナログ時代のテレビでは、写真のL版サイズくらいの絵を用意してそれを実際にカメラで映していました。日本テレビが麹町から汐留に移転する際に整理をしていた時に見つかったものを木原さんが大事に取っておいたのだそうです。それを今回のチャリティーに出品!

 

これがその実物
ヤン坊マー坊天気予報のタイトル画面

 

台風情報。
ヤン坊とマー坊表情がイイ(笑)
レアすぎる

 

コチラは雪国バージョン
雪の中のヤン坊マー坊は…

 

「雪国のヤン坊マー坊は譲れない」と
ステージ上で桑原さんが気合の入札!

桑原さんが即座に入札

 

昨年10周年を迎えた そらジローの記念Tシャツ 。木原さんが「今日の出演者の中でご指名頂ければその人のサインを入れてお渡ししますよ」と言ったところ、落札者の指名でなんと天達さんがサインを入れることに…!(笑)

 

そらジロー10周年Tシャツ
そらじろうTシャツには…

 

局をまたいでそらジローTシャツに
サインを入れる天達さん
天達さんがサインを入れることに

 

そらジローがアマタツとコラボ!
このイベントならではの出来事です。
そらじろうにまさかの天達さんのサイン!

 

木原さんはこの他にも、「そらジロー10周年クリアファイル」、「ヤン坊マー坊ストラップ」、「ニュースプラス1(徳光和夫)テレフォンカード」、「ニュースプラス1(木原さん含むレギュラー出演者)テレフォンカード」等々、レアグッズを次々と出品し、チャリティーに貢献してくれました。

 

アナログ時代の天気予報に使われた
記号のマグネットも終演後に
1個 100円でチャリティー販売された
アナログテレビ時代のお天気記号

 


 

【  まとめ  】

 

今回で8回目となった 「津波防災の日」イベントですが、今年も多くの気象好きな方々に支えられて大盛況のうちに幕を閉じることとなりました。今回初参加の東京航空地方気象台長・三浦さんが「楽しく防災するということは凄く良いことだと常々思っていたが、今日この場に参加して、とても良い取り組みだと確信した」と語ったように、和気藹々としながらも、その年に起こった災害から目を背けることなく、防災に対する考えや想いを参加者全員で共有することができたと思います。今回参加した人も、参加できなかった人も 「しっかり防災」 して、来年またこのイベントで大いに盛り上がりましょう。

そうそう、テリーPが森田さんに呼びかけて、東急百貨店の 2019年・福袋 をプロデュースするそうです。なんでも購入者の自宅に森田さんが訪問して、防災アドバイスを行ってくれるのだとか。抽選で1点のみの販売ですが、森田さんに会いたい人は運試しに応募してみては…?

———-

東急百貨店 創業85周年特別企画「ハッピー福袋」
『ご自宅防災アドバイス&防災グッズ袋』
店頭応募による抽選販売 8,500円(税込)
販売店舗:本店、東横店、渋谷ヒカリエ ShinQs、吉祥寺店、たまプラーザ店

 

 

森田正光 presents
防災グッズ福袋が発売決定!
テリーPと森田さんが防災グッズの福袋を発売!?

 

(文及び写真:GAMA)

 


 

【  おまけ/打ち上げの様子  】

 

イベント終了後にこちらも毎年恒例 「公開打ち上げ」を実施。
今年も多くのお客さんが残って参加。大盛況でした!

 

本編の盛り上がりそのままに
公開打ち上げに突入!
多くのお客さんが打ち上げに参加

 

気象予報士の劇団
「お天気しるべ」の団長・中島俊夫さん
気象予報士の劇団「お天気しるべ」の紹介

 

お天気しるべ  は気象予報士だけで構成された日本で唯一の劇団。11月24~25日に 第5回公演「気象庁の本屋さんに」を実施。モデルとなったのはもちろん 津村書店 さん。気象庁本庁の1階に 60年以上に渡って店を構えてきた津村書店ですが、実は2年後の気象庁移転に伴い、今後は不透明で閉店の可能性もあるとのこと。先の公演は津村書店に常々お世話になっている団員の皆さんが「津村書店への感謝と、より多くの人に津村書店のことを知ってもらいたい」との想いから企画されたものでした。公演後、「津村書店に行ってみたい!」との声が続々と寄せられるなど大きな反響があったようです。

 

津村書店とお天気しるべについて
書かれた新聞記事を手にする
津村書店の津村京子さん。
「ぜひお店に来てください!」とのこと。

津村書店さん

 

 

2012年に当時最年少記録となる12歳11カ月で気象予報士に合格した 甲斐友貴さん(ウェザーマップ) が登壇し、元祖・最年少合格者のおっくんと初対面する場面もありました。

 

最年少合格者同士の
ファーストコンタクト!

歴代の最年少気象予報士合格記録者が初顔合わせ

 

ボイパを披露し
先輩の貫録を見せつけるおっくん(笑)

リクエストに応えてヴォイパを披露する奥村さん

 

悪い大人たちの悪い人生アドバイスに
戸惑いまくる甲斐さん(笑)
一流お天気キャスターによる英才教育!?