「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

7月7日は、そうめんの日!ソーメン二郎の 『真夏のそうめん祭り 2019』 ライブレポート(19.07/07開催)

2019年07月30日

『そうめんソータロー』読み語り

 

岡田よしたか先生が新作の絵本 『そうめんソータロー』 の読み語りをしてくれました。カルカルのスクリーンを使ったデジタル紙芝居。これが大盛り上がり! 岡田よしたかワールド全開です!

 

ハーモニカ演奏から始まります
ハーモニカの演奏から

 

暑い夏はどこへ行っても人気者のソータロー。

 

つるちゃんのおうちでは流しそうめん!
ソータローも大張り切り!
「そうめんソーターロー」読み聞かせ

 

しかし、寒い冬にはなると誰にも食べてもらえません。

 

1年中食べてもらえて
これから年越しそばのシーズンを迎える
そば にも馬鹿にされてしまいます。
しかし、夏が終わると…

 

「冬も活躍したい。どうしたらいいんだろう…。」

ソータローは自分探しの旅に出ました。

 

冬の活躍の場を求めて
ギターの弦にもなってみるが…失敗。
ギターの弦として!?

 

ソータローの運命はいかに!?

シュールで痛快なストーリー。大人も楽しく読める絵本ですので、是非、買って読んでみてください。物語はハッピーエンドで終わるのでご安心を!

岡田先生は 「そうめんソータロー」 の他にも、 「うどんのうーやん」「こんぶのぶーさん」「ぼくらはうまいもんフライヤーズ」  …と、次々と絵本の読み語りをしてくれました。とにかく岡田先生の語り口が愉快でお客さんは大爆笑の連続。 また、岡田先生の描く絵にはところどころに小ネタが仕込んであり、読み語りの途中でそれをチラッと紹介して笑いを取ったり、「なるほど!」と頷かせたり…。とにかく時間を忘れるほどに楽しい読み語りでした。

 

「うどんのうーやん」より。
うどんのうーやん

 

こちらは「こんぶのぶーさん」
こんぶのぶーさん

 

「ぼくらはうまいもんフライヤーズ」。
よく見ると今はなき近鉄バファローズの
帽子が描かれていたり、

色々な小ネタが仕込んであります。
ぼくらはうまいもんフライヤーズ

 

岡田先生の読み語りが終わると
客席からは大きな拍手が沸き起こりました。
読み語りに大拍手

 


 

そうめん活弁ショートムービー上映

 

岡田先生に続いて登場したのが、活弁士・山田広野 監督。

その昔、映画が所謂  ”活動写真(無声映画)” だった時代、その上映時にスクリーン傍らで台詞を喋ったり、内容を解説したりする弁士がいました。それを 活弁士 と呼ぶのですが、現代においても敢えて無声映画として制作し、活弁上映を行う人たちがいます。山田監督もその一人。特に山田監督は自分で撮影した映画を自分で活弁するという独自のスタイルで活動している方。いわば ”自作自演の活弁監督” です。ソーメン二郎さんとは旧知の中で、この度、絵本 「そうめんソータロー」 の出版を記念して 「そうめんショートムービーを撮りましょう!」 となったそうです。

 

活弁士・山田広野監督(左)
活弁士・山田広野監督

 

ショートムービーのタイトルは 「赤い糸 白い糸」 。ソーメン二郎さんが足蹴く通う新宿歌舞伎町のゴールデン街、まねき通りにある小さなバー「ゴッサム」で撮影が行われたそうです。Barダーリンのマスターでゴールデン街の町会長で俳優の石川雄也さんをはじめ、女優の青木エリさん(bar sono)、ゴッサムの店主・葛西力さんらゴールデン街に所縁がある顔ぶれが出演。とてもおもしろいムービーに仕上がっていました。

 

季節を問わずに食べられる
そうめんチャンプルー
季節を問わず食べられる「そうめんチャンプルー」

 

白いそうめんの中に1本赤いそうめんが。
これは運命の赤い糸!?
そうめんが繋ぐ運命の糸!?

 

ゴッサム店主・葛西さんも名演技!?
ゴッサム マスターの葛西さんも出演

 

”真夏のそうめん祭り” で本邦初公開となった『赤い糸 白い糸』ですが、現在は YouTube でも観ることができます。これを観れば アナタもそうめんチャンプルー の虜に…!?

山田監督はもう1本、ちょっぴり大人なストーリーのオリジナル作品も上映。

 

山田広野監督作品「青い衝撃」。
タイトル通り ”衝撃” の結末に
客席がざわついていました
(笑)
山田広野監督の自信作の上映も

 

(next: 異色のそうめんが登場!?)