「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントリリース 】

東京カルチャーカルチャー、渋谷スクランブルスクエアが運営するSHIBUYA QWSのオープニングウィーク「OPEN QWS」で4連続コラボレーションイベントを開催

2019年10月15日

渋谷を拠点にするイベントハウス型飲食店「東京カルチャーカルチャー」(東京都渋谷区1-23-16 cocoti SHIBUYA 4階)は、地上47階建ての渋谷の新ランドマーク「渋谷スクランブルスクエア」(2019年11月1日開業)15階にオープンする産業交流施設「SHIBUYA QWS」(東京都渋谷区渋谷2-24-12)のオープニングウィーク「OPEN QWS」(期間:2019年11月1日~12日)にて、伊藤園、長崎県、Peatix Japan、RocketRoad、EDGEofなどの企業、行政と連携し、計4本のコラボレーションイベントをSHIBUYA QWSと共同開催します。

 この度、東京カルチャーカルチャーが一貫して取り組んできた、渋谷地域を基点とした企業やコミュニティの活動支援を更に加速するため、様々なクリエイターや企業会員が所属する産業交流施設「SHIBUYA QWS」のオープニングウィーク「OPEN QWS」で、下記コラボレーションイベントを4件連続で開催いたします。

 

■SHIBUYA QWSで共同開催するイベントについて

2019年11月2日(土)開催 10時開演、19時終演予定
「茶ッカソン in SHIBUYA QWS~お茶の恩返し:長崎編」

主催:伊藤園 共催:SHIBUYA QWS、東京カルチャーカルチャー 協力:長崎県

茶の湯の教えをヒントに、豊かな発想でアイデアを生む日本のアイデアソン。多様な人たちの参加を促し、お茶をたしなみながらコミュニケーションを深め、イノベーションを生み出すことを目指します。今回は長崎県とコラボレーションし、地域課題解決の糸口を探るハッカソンを実施します。茶ッカソンは、2014年5月、東京カルチャーカルチャーと伊藤園のコラボとして、シリコンバレーのEvernote本社でスタート。以降、東京、サンフランシスコ、シアトル、ニューヨークでコラボ開催してきました。

参加方法:後日伊藤園より発表 

 

2019年11月4日(月/祝)開催 18時開演、20時30分終演予定
「コミュコレ!in SHIBUYA QWS 2019~Community Collection in OPEN QWS Special」

共催:SHIBUYA QWS、Peatix Japan、東京カルチャーカルチャー

渋谷エリア周辺のコミュニティキーマンが集合し、それぞれのコミュニティやオーガナイザーの魅力に出逢う場「コミュコレ!」がSHIBUYA QWSで初開催!渋谷区副区長・澤田伸氏をはじめ、12名(予定)のコミュニティキーマンがパネリストとして集結。東京カルチャーカルチャーとPeatix Japanにより共同開催されている「コミュコレ!」は、神戸、長崎、新潟、札幌などの地域でも開催されているシリーズイベントです。

【出演】
澤田伸(渋谷区副区長)金山淳吾(渋谷区観光協会)小田嶋 Alex. 太輔(EDGEof)野村恭彦(Slow Innovation)金川暢宏(渋谷区100人カイギ)加藤由将(東急)泉幸典(RocketRoad)他!渋谷にかかわるコミュニティキーマン12名出演予定!!

参加方法:東京カルチャーカルチャーのPeatixページにて前売券を購入いただけます。

https://commucolleqws2019.peatix.com/

 

2019年11月5日(火)開催 19時開演、21時30分終演予定
「ロボットプレタポルテコレクション~ロボコレ2019」

共催:RocketRoad株式会社、SHIBUYA QWS、東京カルチャーカルチャー

ロボット業界が一つになり「人の豊かさをロボットと共に」というビジョンの実現を目指すロボット用アパレルブランド「ROBO-UNI」によるロボット企業多数公式参加のロボットファッションショー。2018年6月の東京カルチャーカルチャーでの開催が好評を博しての第2回開催となります。未来を生み出すロボット業界が一同に集合する貴重なイベント。

 

参加方法:東京カルチャーカルチャーのホームページにて10月15日前売券発売アナウンス予定
http://tokyocultureculture.com/

 

 

2019年11月10日(日)開催 16時開演、20時00分終演予定
「HACHIKO Pitch & Conference」

共催:EDGEof、SHIBUYA QWS、東京カルチャーカルチャー

「出逢いたい人と出逢える日本最高の待ち合わせ場所・ハチ公広場」をビジネスの場につくる試みとして、多様なコミュニティから「今出逢いたい人がいる」イノベーターたちが、出逢いたい人に向けてプレゼンテーションを行う「HACHIKO Pitch」と、出逢えるコミュニティを運営する人たちが語り合うカンファレンス「HACHIKO Conference」を共同開催。東京カルチャーカルチャーとEDGEofによる初開催共同企画イベントになります。

参加方法:東京カルチャーカルチャーホームページにて近日発表

■リリースの背景

東京カルチャーカルチャーは、2007年8月にお台場でオープンしたイベントハウス型飲食店。2016年12月より、渋谷の商業施設「cocoti SHIBUYA」に移転し、再開発が進む渋谷を拠点に、年間450本のイベントを開催しています。2016年夏より、オープン以来培ったイベントプロデュースとコミュニティ形成のノウハウを活かし、様々な企業のファンづくりや新規事業づくり、地域の活性化、コミュニティの活動を支援するコラボレーションイベントを、渋谷エリアや全国各地域、アメリカ西海岸などで開催してきました。

「OPEN QWS」でコラボする企業・行政と東京カルチャーカルチャーは、イベントを中心に数々の施策で協業してまいりましたが、渋谷スクランブルスクエアならびにSHIBUYA QWSの開業に伴い、同施設の有するクリエイターのコミュニティと既存コラボレーション先を掛け合わせることで、渋谷発の新しい共創案件づくりを強化します。なお、各イベントの企画・プロデュースは、各企業・行政とのコラボレーション案件を推進してきた東京カルチャーカルチャーのコミュニティ・アクセラレーター・河原あずが担当します。

■今後の展開について
東京カルチャーカルチャーは、OPEN QWSでのコラボレーションイベントをきっかけに、渋谷を起点に新しい価値を創出する共創コンテンツを拡充し、SHIBUYA QWSの会員コミュニティと外部のコミュニティをつなぎ、相互作用を生み出す触媒役としてSHIBUYA QWSとの連携を深めます。また、全国各地域に増加する共創コミュニティへのコンテンツやソリューションの提供を推進し、日本全国の企業、行政、地域コミュニティの新価値創造活動を支援していきます。

■SHIBUYA QWSとは
SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)は、多様な人々が交差・交流し、社会価値につながる種を生み出す会員制の施設として、「渋谷から世界へ問いかける、可能性の交差点」をコンセプトに、2019年11月から営業を開始します。
https://shibuya-qws.com/

■東京カルチャーカルチャーとは
東京カルチャーカルチャーは、「あらゆるものをイベントに!」をコンセプトに、2007年から運営しているイベントハウス型飲食店です。「カルカル」の愛称で親しまれ、年間のイベント数は400超。サブカルや小さな趣味・嗜好、音楽、アイドル、企業と商品、地域活性、オープンイノベーションなど、さまざまなテーマで連日イベントを開催! トークイベントを中心に、参加型、グループワーク型など、形式もさまざま。さまざまなテーマを交錯させ、みなさんの「したい」「見たい」を カルカルのステージで実現します。また、プロデュースノウハウを活かして、企業の「思い」を様々なテーマと交錯させてイベントに。ファンづくりやプロモーション、地域活性、社内活性など、さまざまな目的に即したイベント作りをお手伝いしています。
http://tokyocultureculture.com/

■イベントや当リリースに関する連絡先

下記フォームよりお問い合わせお願いします。

 

担当:東京カルチャーカルチャー 廣橋/河原

 

協業、協賛、イベント参加に関するお問い合わせ

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdWqrWzQH28DNDmWiIkqLi-XVyL6BV3z_J37LsST38nYxHwvQ/viewform

取材に関するお問い合わせ

https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=ndpe-lbkgpd-3aa7f3c97f7c8a696de2e86613171002