「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

『弱虫ペダル・渡辺航のペダルナイトONLINE~実写映画公開記念!弱虫ペダルの起源について語るよナイト!坂道が高校生になって出会った人たち~連載600回についても語るよ!』ライブレポート(20.09/18開催)

2020年11月25日

弱虫ペダルの起源、かく語りき

 

弱虫ペダルの起源を語るよ!
起源を語るよコーナー

 

実はあまり語られたことがない ”ペダルの起源” 。カルカルに寄せられた航先生への質問の中から、ペダルの創世記に関するものをピックアップ。いつものように事前に航先生に質問を見せることなく、ステージ上で ”ぶっつけ本番” で答えてもらうスタイルです。

Q1:
主人公が通う学校、舞台となる総北はどうして千葉にしたのですか?

航先生
「埼玉、神奈川、千葉と3つ候補がありました。なぜ東京ではないのかというと、東京は走る場所がないからです。この3つから秋葉原に通えるという地理感でいうと神奈川が候補から外れて埼玉か千葉かの二択になりました。僕は自転車の大きな魅力として色々な景色を見に行けるというのがあると思っていて、だとすれば埼玉よりは千葉の方が色々な風景が描けるだろうな…と。僕は山も描きたいし、川も描きたいし、海も描きたい。それで千葉を舞台にしました。」

Q2:
総北というネーミングの由来は?

航先生
「舞台を千葉に決めたワケですが、具体的な場所はぼんやりさせたいなという想いがありました。アニメ版は佐倉市と明言しているのですが、漫画版では特に場所を明言はしていないんですね。ぼんやりと房総半島の北の方にある学校というイメージで ”総北” となりました。」

 

コミックス1巻表紙の坂道
スクリーンに1年生の小野田坂道

 

Q3:
ライバル校を神奈川県、そして有名な温泉地「箱根」にした理由はなんですか?

航先生
「これも地理的な問題で山が欲しかったんですね。神奈川に山は色々ありますが、一番有名で誰もが 『険しい急坂』をイメージしてくれるのはやはり箱根だろう…と。」

箱根にあるライバル校を 「箱根学園」 としたものの 「さすがにこの学校名は実在しているのではないか?(航先生)」 とダメ元で調査を開始。なんと、実在しないことが判明。

航先生
「ないならラッキー! あざす! いただきます!と(笑)」

Q4:
キャラクターがみんな個性的ですが、モデルとかはいますか?

航先生
「僕自身、沢山の人と出会って、様々な人となりを感じさせてもらってきました。それらをミックスしてキャラクターに落とし込んでいる感じでしょうか。だから ”このキャラクターはこの人” といった明確なモデルは存在しないんです。」

但し、一人だけ例外のキャラクターがいるとのこと。

航先生
「これは初めて言うんですけど、金城真護のモデルは実は佐藤琢磨選手なんです!」

レーシングドライバーとして世界で活躍する佐藤琢磨選手ですが、実は高校時代は自転車競技の選手。高校3年時のインターハイでは優勝もしていて、オリンピックも狙える逸材と言われていました。金城も琢磨選手同様、世界を舞台に輝く日が訪れるでしょうか。(期待!)

Q5:
坂道のライバル、真波があのような遅刻キャラになった経緯は?

真波山岳というキャラクターが誕生したのは、打ち合わせで編集さんに『悪い奴を出してください』と言われたのが始まりだったそうです。

航先生
「『悪い奴ですね!?分かりました!』と言って、いざ描き始めたらめちゃくちゃイイ奴になっちゃっいました(笑)。僕なりに ”自転車が好きで坂も好きな人” ってどういういイメージだろうと考えたときに、授業よりは坂が好き ⇒ じゃあ、サボっちゃうよね? ⇒ 遅刻もしちゃうよね?…といった感じで真波のキャラクターが生まれていきました。」 

結論として「坂が好きな人は悪い人に成り得ない!(航先生)」そうです。真理だ。

Q6:
初期の「お蔵入りエピソード」、何かありますか?

お蔵入りエピソードは語り出したらキリがないそうですが、

航先生
「これは以前にも紹介した話ですが 『1年生レースを走っている今泉を御堂筋が上から見おろしているというネーム』 は描きました。ただ、さすがに御堂筋を登場させるタイミングとしては早過ぎて…(苦笑)」

結局、伏線を張っても回収時期が見通せないとの判断からお蔵入りに。ちなみに第1巻(RIDE.1)で、今泉が「待ってろよ、御堂筋…」と名前だけは出していますが、実際に登場するのは9巻まで待つ形となっています。

Q7:
連載開始時点でどこまで物語のイメージがあったのですか?もしくは編集さんとどこまで話をしていたのでしょうか?

航先生
「最初の段階では 『インターハイにはいきましょう』 みたいな感じでした。そして、自転車初心者の坂道をインターハイに行かせるのは結構大変だろうなぁと思っていました。まず総北を強豪校にするのか、そうではない高校にするかの設定で迷いましたね。」

所謂 ”スポコン漫画” の方向性としては、主人公が入部して弱小チームを強くしていくストーリーと、主人公が強豪校の中で頑張って成長していくストーリーの2通りが考えられるそうですが、坂道が初心者であることを考慮して、総北を強豪校とし、その中で坂道が成長する姿を描くことに。それでもママチャリにしか乗ったことがなかった坂道をインターハイに辿り着かせるのは大変で、そのために厳しい合宿などを用意したそうです。

Q8:
背景までご自分で描いているそうですが、理由は何かあるんですか?

 

多くのプロ漫画家が
アシスタントに任せるような作業も

航先生自身で行うことが多い。

航先生は背景も自分で描いている

 

週刊雑誌に連載を行っている漫画家の場合、通常7~8人のアシスタントがいて分業制を採っているそうで、例えば、上のスライドの場面でいえば、

航先生
「他の漫画家さんだと、自転車を別の人が描いて、道路や切通しのブロックをまた別の人が描いて、さらに林をまた別の人が描く…といった感じでしょうか。僕も何年か前まではそうしていた時期がありました。」

航先生にとっては自転車もキャラクター。自転車と人間をバランスよく合わせるコツや、自転車と道の接地感や疾走感、自転車が大きくしなる様、風を切る様…等々、自転車に乗っている者にしか分からないフィーリングが多々あるそうです。

航先生
「アシスタントさんにそれら一つ一つを言葉で伝えるのは非常に難しい。何度も修正してもらうよりは自分で描いてしまった方が早い場合もあるし、それが一番イメージ通りに仕上がる。正直、茨の道だとは思いましたが、覚悟を決めて背景も自分で描いています!」

そんな大変な作業をされていても、いまだかつて原稿の締め切りを破ったことがないというから本当に神・漫画家です。

Q9:
それぞれの学校のジャージの色を決めた理由を教えてください。

航先生
「総北は少年誌の主人公の学校ということで一番目立つ黄色と赤で構成しました。箱学はライバル校らしく落ち着いた色ということでブルー基調に。」

ちなみに京伏は京都のイメージで紫、背中のラインは「碁盤の目」と呼ばれる京都の街路を表現。呉南は他校とも被らない色とデザインを採用しています。

 

各校のジャージは
配色・デザインとも航先生が考案

ジャージの色・デザインについて語る

 

ジャージと言えば、

航先生
「ツールド夏休みで走っている時に、その地元の人に 『千葉から来たんですか?』 と声をかけられて、僕は本当に千葉に住んでいるのでなんで分かったんだろうと思ったら、あっ、そうか! この(総北の)ジャージか!…と(笑)」

横山店長
「ペダルファンあるあるですね!(笑)」

航先生
「あとは、しばしば 『高校生???…じゃないよね!?』 って不思議な顔もされます(笑)。説明するのが面倒くさい時は 『この高校のOBだから着ています』 と答えていますね。」

Q10:
たくさんのキャラクターがいますが、一番当初から思っていたものとは違う方向に動いていったキャラクターはいますか?

航先生
「勝手に動いた系のキャラは御堂筋と新開兄ですかね。新開兄は本当に思っていない方向に動きました。」

編集さんとの打ち合わせの段階では新開兄は ”ひたすら地味なキャラクター” として想定していたそうです。…が、ご存じの通り…、

 

バキューン!(この日2回目)
勝手に動いたキャラクター「新開隼人」

 

航先生
「ええっ、バキューンしちゃったよ!?って思いました(笑)。ホントに勝手に動きましたね、新開兄は。」

御堂筋についても、あそこまでのバケモノキャラになるとは全く思っていなかったそうです。『弱虫ペダル』 のキャラクターはそれぞれの個性が確立しているので、これからも沢山のキャラクターがどんどん勝手に動いていくことでしょう。とても楽しみです。

Q11:
みんな意外と気づいていない 「ヘルメットが消える現象」 が気になっています。

横山店長
「言われてみれば確かに消えている時がありますね!…ということで、ちょっと集めてみました(笑)」

 

”ヘルメットが消える問題” コレクション
確かに消えています(笑)

ヘルメット消える問題
(なお、航先生のワイプが思議な位置ですが、
キャラに被るとそのキャラのファンから
クレームコメントが来るので苦肉の策で
このようなレイアウトになっています:笑)

 

航先生
「ヘルメットが消える演出は結構やっている気がします。キメ顔の時は髪型も一緒に魅せたいのでやる感じです。」

もちろんヘルメットは消えてしまったワケではなく 「省略されているだけでちゃんと存在はしている(航先生)」 とのこと。他、類似の現象として、「ボトルホルダーに入れたボトルが消える問題」 や 「ジャージに貼り付けたはずのゼッケンが消える問題」 などもあるとか。探してみては…!?

Q12:
巻島と今泉、どちらがお金持ちなんでしょうか?

 

巻島は超豪邸住まい。
今泉も運転手(高橋)付きの車で登校。
巻島家vs今泉家どちらが金持ちか問題

 

航先生
「僕の中でどちらがお金持ちかって言われたら答えは……巻島さんです!」

”どっちが金持ち問題” の決着にニコ生視聴者も大盛り上がりでした。

 

< NEXT:前半のクライマックス、感動の読み語り! >