「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店 会場レンタルも可!

【 イベントレポート 】

「岩田光央・鈴村健一スウィートイグニッション」×ソーメン二郎 コラボイベント『そうめん大爆発』ライブレポート(21.10/23開催)

2022年01月19日

そうめん大爆発

 

ラジオ大阪の人気番組 『岩田光央・鈴村健一 スウィートイグニッション』が 2021年・秋冬シーズンに ”そうめん” にスポットを当てたオンラインベントを開催しました。

その名も… 『そうめん大爆発』

そうめん好きとしても声優界で一二を争う 岩田光央さんと鈴村健一さんのコンビが、そうめんの深淵を学び、ともすると飛び込むことも辞さないという ”超そうめんづくし” な配信企画が、カルカルのステージからファン&リスナーの皆さんへと届けられました。

 

岩田光央さん
(そうめんが大好きで専門店にも足を運ぶ。
とりわけ三輪そうめんに目がない)

岩田光央さん

 

鈴村健一さん
(自宅に常時4種類以上の手延べそうめんを
ストックしていると語る大のそうめん好き)

鈴村健一さん

 

 

鈴村
「僕らはそうめんが大好きじゃないですか! この際だから1300年のそうめん史にぶら下がってしまおう!…と、まぁ、そういう企画ですよ!(ニヤリ)」

岩田
「いいですねぇ!…というか、そうめんって1300年も歴史があったんですね! 知らなかったです。1300年前と言ったら…平城遷都とか!? スゲェな! そうめんの歴史とか色々なことを知ることができたら、そうめんがもっと好きになりそう。今日は楽しみでございます!」

そんなイグニの2人に、実は深くて広い ”そうめんの世界” を案内してくれたのが、テレビやラジオでおなじみの そうめん研究家・ソーメン二郎さん 。三輪そうめんで有名な奈良県桜井市の生まれで、実家は三輪そうめんの製麺所(※1)。夏場を中心に各種メディアで、そうめんの魅力や文化、手軽で美味しい食べ方などを積極的に発信しています。

※1 亀屋植田製麺所
 奈良県桜井市河西645/TEL:0744-43-611

 

そうめん研究家・ソーメン二郎さん
ソーメン二郎さん

 

ソーメン二郎さんは鈴村さんがパーソナリティーを務めていた当時(2019年4月から2021年3月まで)のラジオ番組『ONE MORNING(TOKYO FM)』にもゲスト出演しています。

鈴村
「そうなんですよ! ソーメン二郎さんにはワンモでお世話になりまして、以来、美味しいそうめんを贈って頂いたり良い ”ご縁” が続いているんです。 そこで今度はイグニでもご一緒させて頂くことになりました!」

岩田
「けんちゃんが持ってきてくれたこのご縁、嬉しいなぁ!」

かくして、赤い糸ならぬ(そうめんの)白い糸で結ばれたスペシャルコラボイベントが爆誕したというワケでした。

 

日本の伝統食・そうめんが大ピンチ!?

鈴村
「ところで、ソーメン二郎さんはなぜ ”ソーメン二郎” と名乗って活動するようになったんですか?」

ソーメン二郎
「よく 『ラーメン二郎を意識しているんですか?』 と聞かれるんですけど、僕は世代的に ”昭和の人間” で坂上二郎さんが大好きなんです。坂上二郎さんは 『飛びます!飛びます!』 でしょ? じゃあ、僕は 『茹でます!茹でます!』 で行こうかと。」

岩田&鈴村
「そっちの二郎さんなんだ!!(笑)」

ソーメン二郎
「そうめん業界のシビアな話をしますと、そうめん職人さんたちの高齢化が進んでいます。多くが70歳を超えていて、80歳代で頑張っていらっしゃる方もいます。そんな中で若い後継者のいる製麺所は殆どありません。5年後、10年後を考えた場合、そうめん職人は既に絶滅危惧種と言わざるを得ないんですね。このままでは近い将来、日本の伝統食である手延べそうめんが食べられなくなってしまう可能性が非常に高い。まさに危機的状況に今あるんです。」

加えて近年、手延べそうめんが売れなくなっているとのこと。かつては「お中元」の主役でしたが、時代の流れでお中元の文化を贈る人は年々減っています。またスーパーでは機械製麺のそうめんばかりが売れているという現実も…。機械麺は生地を圧延して切り出し乾燥しただけものであり、熟練の職人さんが縒りと熟成を重ねながら丹精込めて作り上げた手延べ麺と比べると食感が大きく劣るのですが、世相を反映してか “値段の安さ” で機械麺を手に取る人が多いようです。

ソーメン二郎
「少しの値段差で味もコシも全く違います! 手延べそうめんの魅力や美味しさを1人でも多くの人に知って頂きたい。手延べそうめんが売れてそうめん業界が潤わないと若い跡継ぎも生まれないじゃないですか。そうめん界をなんとか盛り上げていきたいと思って大袈裟な言い方かもしれませんが、僕が ”立ち上がった(※2)” ワケです。」

※ソーメン二郎さんは自らの活動を『そうめん復権活動』と呼んでいます

岩田
「素晴らしい! どれだけそうめん愛が深いんですかっ!!」

看板に偽りなし! そうめん愛が ”大爆発” したイベントの様子をレポートしていきます。

 

奇跡のコラボイベント
『そうめん大爆発』がスタート!
素麺大爆発スタート

 

3人ともスタッフお手製の
”そうめん大爆発Tシャツ” を着用。
よくよく見ると岩田さんのTシャツだけ
「ん」の文字が変…!?
そうめん大爆発Tシャツ改

 

鈴村
「岩田さんのTシャツの件、さっきスタッフに聞いたら、この『ん』の文字は、素麺がお湯の中で暴れる様子を表現したものだと言ってました。絶対に嘘だと思います!(笑)」

岩田
「やってくれたな(苦笑)。まぁ、でも頑張って作ってくれたので! この手作り感や出来立て感が嬉しいよね!」

スタッフが頑張ったといえば、本イベントを「より一層楽しめるように」と、なんと配信に先立って特別グッズの販売も行われました。それがコチラ( ↓ )。

 

そうめん大爆発セット
そうめん大爆発セット

 

徳島県の 半田そうめん(提供:白滝製麺) と番組オリジナルのスマホスタンドのセットにしたもので、多くのリスナーさんが事前購入。半田そうめんについては後ほど改めて紹介しますが、一般的なそうめんと違った太い麺が特徴で、モチモチ食感との抜群ののどごしが楽しめます。

 

イベントのプログラムを発表
プログラム

 

第2部「ソーメン実習」で ”実食” があると聞いて…、

 

「やったあああああーー!!」
歓喜の大絶叫をする岩田さん。

とっさに丁度良くマイクを離して
音割れを防ぐ辺りはさすがプロ!(笑)
岩田さんシャウト

 

 

< next: そうめんの歴史や文化を知ろう >