「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店 会場レンタルも可!

【 イベントレポート 】

「岩田光央・鈴村健一スウィートイグニッション」×ソーメン二郎 コラボイベント『そうめん大爆発』ライブレポート(21.10/23開催)

2022年01月19日

■実食3:鶏白湯にゅうめん+花山椒(半田そうめん/白滝製麺)

近年お手軽な鍋の素が多数販売されていますが、それら使ってそうめんのアレンジの幅を大きく広げることができます。今回は「鍋キューブ・濃厚白湯」と「花椒油」(ともに味の素社製)を使った例の組み合わせで実食。

 

超お手軽! なのにこの高級感!
3品目

 

そうめんには半田そうめん(提供:白滝製麺)をチョイス。岩田さんはこれが人生 ”初” の半田そうめんでした。

 

岩田さんに”初” 半田の衝撃が!
その様子を楽しそうに観察する鈴村さん。
初めての半田そうめん

 

岩田
「今まで食べてきたそうめんと全然違う! モッチモチ! うどんとも違うね。コレは『半田そうめん』という独立したジャンルの食べ物ですね! おいしい!」

 

初めて半田そうめんを食べた
感動を語る岩田さん

初半田そうめんを語る岩田さん

 

岩田さんの ”初・半田” を見届けてから鈴村さんも実食。

鈴村
「鶏白湯に半田そうめんならでは太麺がとても合う。 もし徳島の半田そうめんをまだ食べたことがない人がいたら、ぜひ食べてみてほしいです。本当に美味しいから! 徳島といえばアニメ業界ではマチ★アソビのイベントが有名なので、もし行かれる方はお土産には半田そうめんをオススメします! 」

実食した3品とも第1部(そうめん概論)で紹介されたレシピ同様、スーパー・コンビニで買える安価な材料で時間も手間もかけずに作れるものばかりでした。それでいてイグニの2人が途中マイクを持つの忘れてしまうほどのおいしさを実現しているのが見事です。

岩田
「コスパ最高だよね! 今度レシピを募る企画とかやりません? リスナーの皆さんにはそれぞれの地域性があってそれぞれの人生がある。その引き出しから生まれるそうめんってどんなだろうと考えただけでワクワクします!」

そうめんの楽しみ方は無限大。皆さんもアイデアを活かしたアレンジそうめんを考えてみませんか?

 


 

第3部『そうめんミーティング』

 

最後はQ&Aコーナー。リスナーの皆さんから寄せられた質問にソーメン二郎さんが次々と回答していきました。本記事ではいくつかの質問を抜粋して紹介。

Q1:
そうめんをお弁当に持っていけますか?

ソーメン二郎
「できます! そうめんを小さく手繰りにしてキュウリを仕切りにして容器に並べます。」

岩田
「なるほどキュウリが保湿の役割をするんだ!

あとは持ち運びやすい容器をめんつゆを必要なだけもっていけば「そうめん弁当」に。

 

ソーメン二郎がそうめんのことなら
なんでも答えてくれる

質問に答えるソーメン二郎先生

 

Q2:
最近、無限にお腹が空いて困っています。
そうめんといえばあっさり食べるイメージが強いですが、
お腹いっぱいになれるレシピがあれば知りたいです。

ソーメン二郎
「ガッツリ食べるなら太い半田そうめんをチャンプルーにするのがおススメです。 ぶ厚いべーコンなどを炒めてからそうめんを和える。少しめんつゆを垂らすと和テイストでサラッと食べられます。松茸のお吸い物(粉末)などをかけてもおいしいです。」

Q3:
そうめんはダイエットに適していますか?

そうめんは作る際に油を使用するのであっさりした味わいとは裏腹に「ダイエットには不向き」と言われています。

ソーメン二郎
「そうめんを茹でたらゴシゴシ洗ってください。油を洗い流すワケです。そして氷水で締めてください。洗うことで油だけでなく塩分も一緒に流れるのでよりサッパリと食べられます。」

この他にも沢山の質問が届いていたのですが、第一部「そうめん概論」におけるソーメン二郎さん解説がその答えとなっているものも多く、「ほぼ皆さんの疑問に答えられたと思います!」と鈴村さん。

 


 

まとめ

秋冬シーズンに2時間まるごと「そうめん」という異色の配信イベントでしたが、随時チャットコメントも拾いながらカルカルのステージと視聴者さんが一体となって大いに盛り上がりました。イグニの2人からは 「そうめんコミュニティーを作ってはどうか?」 「このイベント続けたいよね!?」 「来年20周年記念にそうめんイベントやりたい!」  との声が上がるなど、今後の展開にも期待が膨らみます。

今回は無観客でのオンラインイベントとしての開催でしたが、カルカルは本来 ”飲んだり食べたりしながらイベントを楽しむ” スタイルのお店です。コロナ禍が明けた暁には、みんなで集まってアレンジそうめんを試食べたり、そうめんレシピの開発をしたり…、そんなリアルイベントの開催も期待しています。来るべきその日まで 、そうめんを ”大爆発” させていきましょう! 夏だけじゃもったいない! ぜひ1年中そうめん食べてくださいね!

 

(文・写真 GAMA)

 

(鈴村健)と(岩田ミツ央)
を加えた ”ソーメン三兄弟” 爆誕!
是非、また会いましょう!

そうめん大爆発成功