「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

『TOKYO 泡盛 STYLE ~東京的・泡盛の遊び方 ver.1~』ライブレポート:沖縄料理屋で琉球音楽聞きながら飲むだけじゃもったいない!もっと泡盛を日常に!(13.3/20開催)

2013年04月01日

Awamori_02

泡盛部部長・小西美穂子さん & お酒とかりんとうの店・升本屋の梅田知行さん

さあ、開演時間になり、今回のイベントの主催であるお二人が登場!
泡盛部の部長で、泡盛マイスター&泡盛ゆんたく大使の小西美穂子さんと、
東京・世田谷にあるお酒とかりんとうの店・升本屋の梅田知行さんです。
DJをしていたのは、なんと梅田さんでした。

泡盛部は『もっと泡盛を日常に!』をスローガンにして、
毎週木曜日に升本屋で活動を行っています。
他にも、蔵元さんとの交流会や蔵巡りバスツアー、
おいしい泡盛やラベルの良い泡盛を決める「泡盛アワード」
なんていうイベントも開催しています。

Awamori_27_2

まず前半は泡盛6品のテイスティング。

(1) 久米仙  久米仙酒造
(2) 瑞泉    瑞泉酒造
(3) 瑞穂    瑞穂酒造
(4) 多良川   (株)多良川
(5) 忠孝    忠孝酒造
(6) まるだい 今帰仁酒造

という6つの泡盛をストレート、水割り、お湯割り、ロックで
それぞれテイスティングしていくという趣向。
ええっと・・・6品を4通りで飲むということは・・・計24杯!?
絶対ムリだよー!

Awamori_25

テイスティングシートも用意。面白いと思ったのが「今聞きたい音楽」
そりゃあ沖縄民謡や琉球音楽だろうと思ってたら、それはなんと選択対象外。
この質問には、

「沖縄民謡や琉球音楽が泡盛と合うのは当たり前。
この場ではそれ以外で泡盛と合う音楽を考えてみてほしい」

という泡盛部の意図があったのです。
なるほど、だからDJの梅田さんは沖縄の音楽ではなく、
別のノリの良い音楽をかけていたのかあ。

泡盛に合う音楽・・・あらためて考えると結構難しいぞ・・・
とりあえず、泡盛飲みながら考えよう。
飲まなくちゃ始まらない。