「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

『TOKYO 泡盛 STYLE ~東京的・泡盛の遊び方 ver.1~』ライブレポート:沖縄料理屋で琉球音楽聞きながら飲むだけじゃもったいない!もっと泡盛を日常に!(13.3/20開催)

2013年04月01日

Awamori_33

そのまま後半に突入!
中央テーブルの古酒(クースー)も飲めるようになり、
一気に大盛り上りになりました!

Awamori_38

・千年の響
・迎恩
・忠孝原酒
・瑞泉・青龍
・瑞泉・熟成古酒
・瑞穂・沖縄県限定古酒
・古都首里
・琉球王朝
・蔵酒
・久米仙ブラック古酒

などなど、各蔵元の古酒がズラリ!
古酒というのは3年以上熟成させた泡盛です。
中には10年古酒なんてのも置いてあってビックリ!

Awamori_13

それぞれ飲ませていただいたのですが、圧倒的にうまいっ!!!
前半飲んだ泡盛もうまかったが、より味わいや香りが際立っている。
眠っていたものが起きたというような鮮やかな感じ。
それに、各泡盛の違いや個性がはっきり分かる。
古酒飲んだの初めてでしたが、他の酒より年月の力を大きく感じた気がします。

Awamori_14_2

飲みながら、泡盛部の方にもいろいろとお話を聞いたのですが、

『もっと泡盛を日常に!』という泡盛部のスローガンの真意に衝撃を受けました。

「泡盛は沖縄で、沖縄料理と合わせて食べるだけのお酒じゃないんです。
それはあまりにもったいない。
私たちが普段食べている食事、家庭の食卓にも泡盛は合うんです。
だから、泡盛部ではカレーやラーメンを食べながら泡盛を楽しんだりする。
泡盛はいろいろな食事と相性がイイんですよ~」

この話を聞いたとき、愕然としました。
今聞きたい音楽の話もしかり。私は冒頭で書いたように
「泡盛はやっぱ沖縄で三線とか流れているお店で、
沖縄料理食べながら飲みたいよねえ~」と思っていた・・・

泡盛部の方は「泡盛を沖縄から開放する」と笑って話していました。
そっか・・・俺は泡盛を沖縄に縛っていたのか・・・
そして自ら泡盛を飲む機会を失っていたんだなあ・・・
フツーに泡盛飲んでイイじゃない。家飲みしてもイイじゃない。
泡盛への意識、完全に変わりました。

Awamori_35

貴重なお話を聞いて取ったメモ。
こりゃ相当酔っぱらってたなあ・・・