「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

ミック博士の「昭和プロレス秘密集会」ライブレポート:いかがわしきファンタジーの世界!大盛り上りの二時間半一本勝負(13.2/16開催)

2013年05月23日

他にどんなレスラーがいたのかというと・・・

Doctor_mick10

民族ギミック:ベビーフェイス

言われなくても一目で分かるのが素晴らしい!
分かりやすさって大事です、うん。

Doctor_mick11

民族ギミック:ヒール

大爆笑!
ドイツのレスラーなんてブロッケンJrかよ!
「国籍を詐称している場合が多い」という補足がイイ味出してます。

Doctor_mick27

怪奇ギミック

囚人というのはアリだと思うんですよねー
おっと、アリとかナシとかそういうのではなく、囚人なんです!

というように、様々なギミックによって
「いかがわしきファンタジーの世界」が作られていったわけです。

Doctor_mick12_2

では、なぜこのようなファンタジーを作る必要があったのか?
それはファンのため。
「悪の外国人レスラーを正義の日本人レスラーがどう戦って倒すか?」
をファンに見せるためにファンタジーが必要だった。

そういうファンタジーの世界を、団体・レスラー、マスコミ、
さらにはファンまでもが暗黙の了解の下に一体となって作り上げていったから、
昭和プロレスは人気があったのだといいます。

以上、ミック博士による昭和プロレス人気の理由についての
考察ならびに結論でしたが・・・目からウロコ! 分かりやすい!

当時は海外の情報もそう多く入ってこない・・・自ら調べるのも難しい・・・
そんな中、突然よその国から怪物のような恐ろしいプロフィールを持つ
レスラーがやってきたら、そりゃ「やっつけろ!」となるわなー
テンション上がるわなあー(笑)

ミック博士の話を聞きながら、昭和プロレスをその時代に見ていたら、
さぞ面白かっただろうなあと思いました。