「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

ミック博士の「昭和プロレス秘密集会」ライブレポート:いかがわしきファンタジーの世界!大盛り上りの二時間半一本勝負(13.2/16開催)

2013年05月23日

●プロレステーマ曲の真実

Doctor_mick18

後半は、研究人のコブラさんにタッチ!
昭和プロレスマガジンでプロレステーマ曲のコラムを担当していたコブラさんが
語ってくれたのは「プロレステーマ曲の真実!」

全てのプロレステーマ曲が網羅されていて、一種のバイブル的価値があると
言われている「別冊ゴング」という雑誌があるのですが、
実は真実が書かれていないという。

コブラさん「今日、プロレステーマ曲の真実を語ります!歪んだ歴史を正します!
ミックさん「かなり歪んでるみたいですねえ」
存さん  「でも、誰も正してほしいと思ってないですけどね」
お客さん (笑)

Doctor_mick26

一例として挙げたのは、
スーパースター・ビリーグラハムのテーマ曲「SUPERSTAR」
スライドで映像を流しながら真実について明らかにするコブラさん。
こちらも本邦初公開映像。

コブラさん
「別冊ゴングでは米国の歌手・カールアンダーソンが歌った
Voありの『SUPERSTAR』と書かれているのですが・・・
実際に調べてみたら、真実は101ストリングスオーケストラによる
インストカバー版の『SUPERSTAR』だったんです!」

お客さん 「・・・」
ミックさん 「リアクションないじゃないですかー」
お客さん (笑)

Doctor_mick20

他、阿修羅原が原進だった頃のテーマ曲について語ったり、

Doctor_mick21

そのレコードのB面の曲が使われたという、プロレス中継のハイライト映像を見たり、

ミックさん 「うわあ・・・これ、プロレス中継の映像でしょうか・・・」
存さん   「フレームが菊の花ですね」
お客さん  (笑)

いやあ、もうコブラさんのプロレステーマ曲に対する研究心と追求心が
ハンパじゃなかった!
研究室メンバーもそれぞれ強みが異なるところが面白いですね~

Doctor_mick22

他、実際の試合映像を流しての昭和プロレストークなど、
大盛り上りの二時間半一本勝負でした!

Doctor_mick17

今回はディープだったなあ。
挙がるレスラーの大半が分からない・・・
プロレス話がマニアック過ぎてついていけない・・・
でも、めちゃくちゃ面白かった!
プロレス知識の浅い私でも凄く楽しめました。

知らなくても楽しめるところがまさにカルカル的で、
「ついていけないのが面白い」みたいな(笑)
そういう楽しさを存分に味わった昭和プロレストークでした。
まだまだ話していない研究成果もたくさんあるそうなので、
是非是非第二回を開催していただきたいです!

(ライブレポーター・えの)