「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

多機能地図ソフト開発者と地形のスペシャリストが語る!!:地図ナイト5~飛び出せ3D!カシミール3D!大感謝祭!ライブレポート(2013年5月26日開催)

2013年06月05日

●第二部

『ミニミニ地図地理地形検定』

ミニミニ地理地形検定

毎度恒例のミニミニ地図地理地形検定

 今回はいつもの問題に加えてRush Japan様より『宝探しタカラッシュ!』(外部サイト)で出題されている地理問題も加えられました。

賞品は!?

私には到底歯が立たない難問ばかりでしたが、全15問中14問正解者が1名13問正解者は5名もおり、地図ナイトに参加される方々の知識量にただ驚かされるばかりでした。

静まり返る会場

地図ナイト カシミール秘話 感謝をこめて

田代さん

次に富士見研究家田代博さんによる「カシミール3Dと富士山」についてのお話を伺いました。

講義内容

大学の講義でカシミール3Dを使った湖面に映るや富士山を見事に表現した「芦ノ湖と富士山」「日本で一番早い日の出」と称した犬吠岬など90分で作ったとは思えない大作が次々に紹介され、平井さんからは「カシミール3Dアート展とか開いてみたらどうですか?」という声が。確かに見てみたい気もします……。

『DAN杉本さんによる標高データの進化とカシミール3D』

DAN杉本さん
 
 本イベントのメインといっても差支えないカシミール3D開発者のDAN杉本さんに

よる開発秘話などの裏バナシを語っていただくコーナー。

成長曲線
 「成長曲線」と称して今までのカシミールの歴史を語っていただきました。
 さらに、カシミールの開発前に杉本さんが作られたという「地形図」。
 ボール紙を一枚一枚彫刻刀で切っては重ねを繰り返し……聞いているだけでも気
の遠くなるような作業を2ヶ月繰り返して作ったとか。
山岳模型
 しかも幾つかバリエーションがあるとのことで、杉本さんの溢れんばかりの『地形図愛』とカシミール3Dを開発するに至る原動力を垣間見れた気がします。