「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

ヨーロッパ企画presents 【 東京カルチャーカルチャー6周年祭り 】『午後のヨーロッパ企画~ヨーロッパ企画「建てましにつぐ建てましポルカ」キャンペーン東京編~』ライブレポート(13.7/28開催)

2013年08月30日

2012年11月~
第31回公演「月とスイートスポット」

チンピラが時空を漂流するという「漂流コメディ」
7都市で公演を行い、約1万人の動員を記録。

これまでのヨーロッパ企画ではやったことがなかった
”ヤクザ・チンピラ役”に挑戦しているところがポイント。

ヤクザ役なので「バカ野郎!」「この野郎!」と絶叫する場面が多く、
ヤクザ役のメンバーは喉のケアに必死になっていたそうです。

ヤクザ役だった人は手を挙げて…
ヤクザ役を演じたメンバー

楽屋では盛んに「喉に良いモノ」の情報交換が行われ、
「スロートコート」と呼ばれるハーブティーや「のど飴」など
様々な議論が行われたそうなのですが、最終的には、

諏訪さん
「いろいろ試してみたけど、やっぱ蜂蜜じゃね?」

との結論に達したようです。

蜂蜜も諏訪さんは4000円、酒井さんは3000円と
非常に高級なモノを選んでいたとか…。

蜂蜜でそんなに変わるのだろうかと思ってしまいますが、
現実に高級な蜂蜜を使うと喉の調子が全く違うようです。
高級な蜂蜜は殺菌効果も値段相応に高いらしく
蜂蜜を使い始めてからは「風邪もひかなくなった!」とのこと。

どれだけ声が枯れていても飲めば声が出るという禁断の薬
「デカドロン」の話題もありました。(結構、副作用が怖いらしい)
幸いこの薬を飲まざる得ない状況に陥ったメンバーは今のところゼロ。

前回公演のヤクザ役では学んだ喉ケアのノウハウを活かして
今後も禁断の薬のお世話になることがないことを祈ります。