「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

「東京パフェ学」発売記念!『パフェ評論家、斧屋と姉、能町みね子のパフェトーク 』ライブレポート(15.05/02開催)

2015年05月11日

【東京パフェ学/1時限目】


1)イントロダクション

世の中には「パフェを食べていない人が多すぎる!」と斧屋さん。
もっと多くの人にパフェを楽しんでほしいけれど、
いきなりフルーツパーラーのお高めなパフェを食べに行くのは
なかなか勇気がいること。

そんなパフェ入門者に斧屋さんがおススメしているのが、

ロイヤルホストの苺のブリュレパフェ!

苺のブリュレパフェ(ロイヤルホスト)
苺のブリュレパフェ

ファミレスのパフェだからといって侮ってはいけない。
構成も味も食感もパーフェクトだそうで、値段も650~680円と手頃。

斧屋さん
「特にバナナの使い方がイイです!」

横山店長
「早くもめんどくさい感じになってきたぞ!?(笑)」

客席
「………!!(笑)」

斧屋さん
「バナナの使い方って本当は難しいはずなんです!
とりあえずバナナとコーンフレークを入れておけば良いという
安直な考え方がパフェの世界に蔓延っていますが、
これらは使い方を間違えると非常に口に残るんですよ!」

能町さん
「確かに安いチョコレートパフェを頼んだりした時に
大きなバナナが二つぐらい刺さっていて、
バナナのせいでみずみずしさがなくなって
なんだかものすごく邪魔された気分になりましたね…。」

その点、ロイヤルホストの苺のブリュレパフェは
バナナはワンカットだけ入っていて、
しかも4等分になるように切れ目が入れられていて
食感を邪魔することがないという。

なお、本イベントでは大きすぎるバナナやコーンフレークのように
パフェを食べる際に食感の邪魔をとなりうる要素の存在を
パフェにおけるノイズ問題と呼んでいました。
ノイズの少なさは良いパフェの必須条件と言えそうです。