「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

みなまた×東京カルチャーカルチャー ご当地イベントシリーズ! 『旬の美味しさ!みなまた祭 2015春』ライブレポート(15.05/29開催)

2015年06月09日

【ゲストトーク】

後半のトークショーの前に天の製茶園の
天野家の三男で東京で音楽活動をしている
天野達(さとる)さんによるギター弾き語りがありました。

美声にしばし酔いしれます
天野達さんライブ

天野さんが歌い上げた「糸」という曲は
みなまたの「もやい直し」に通じるメッセージがあり、
日小野さんがみなまたの食イベントの行う際には
毎回必ず歌ってもらっているテーマソングだそうです。

さて、後半はゲストトーク。
みなまたとつながりのある3人のゲストを呼び込みます。

1人目は大林千茱萸さん。
大林さんは映画「100年ごはん」の監督。

「100年ごはん」は有機農業のまちづくりを推進する
大分県臼杵市の取り組みを追ったドキュメンタリー。

大林千茱萸監督
大林千茱萸さん

大林さんはこの映画の上映ツアーを行っていて、
監督自ら全国各地に出向いて、現地の生産者さん達と
一緒に映画を見て、考え、交流することによって、
環境に配慮した循環型農業の大切さを伝えています。
既に全国85箇所で上映が行われ、
活動はいよいよ海外にも広がろうとしているそうです。

・健全な魂は、健全な食べ物から
・健康な食べ物は、健全な土から

そんな映画のキーワードが

天野さん
「みなたまの根っこの部分と完全に一致していた」

と、みなまたでも上映会を行うことを即決し、
昨年12月に開催されたみなまた「食の感謝祭」で
上映が行われ、未来の食と暮らしのあり方を
みんなで考え直す素晴らしい機会となったそうです。