「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店 会場レンタルも可!

【 イベントレポート 】

水族館プロデューサー中村元 presents 中村元の超水族館ナイト2015夏 ~水族館で未来をつくる~』ライブレポート(15.06/07開催)

2015年06月22日

中村さんがこんな話をしてくれました。

クラゲと人間がどっちが偉いかでモメていました。
それを見た神様が仲裁に入って
「何か食べるものを取った方が勝ちにしましょう」
と人間とクラゲを勝負させました。
人間は「俺は頭が良いぞ」と釣り針を作り、竿を作り、
さぁ、魚を釣るぞと糸を垂らした時に
既にクラゲはお腹いっぱいになっていたという話。
クラゲはただ海に浮いていただけなのに…。

機能的には人間によりも
ずっと下等な生物であるクラゲであっても

中村さん
「何にも考えなくても彼らはお腹いっぱいになれた。
それって実はすごく豊かなことだと思いませんか?」

色々なものの多様性を認めることは
中村さんがこれまでの超水族館ナイトで何度も説いてきた

●のび太くんだって立派に生きていける!
●弱点があってもかまわない!

といった話の理解にもつながっていきます。

中村さんの語る「未来」に耳を傾ける
中村節全開!

ところで、全国各地のどの水族館にも
それぞれ”理念”というものが掲げられています。
時々、理念とテーマを混同しているケースもあるようですが、
理念とは「この水族館はなんのために存在するのか?」
というアイデンティティーを表したもの。
(テーマとは理念を表現するための切り口にすぎません)

中村さんがプロデュースした水族館を例にすると
新江ノ島水族館の理念は
日本人の自然に対する考え方や命に対する考え方、
いわば日本のアニミズムを伝えることであり、
それを表現するためのテーマ(切り口)が「相模の海」。

どの水族館も思い思いの理念を掲げているのですが

中村さん
「愛だの平和だのを伝えることを理念する
水族館がもっともっと欲しいなと思うんですよね。」

新江ノ島水族館ができた当初は
どの水槽にも影がたくさんつけられていて
物の怪が潜んでいそうな雰囲気があり、
自然の恵みへの感謝と自然への畏れが同居した
日本古来のアニミズムの思想が反映されていました。

中村さんは少年時代に川で河童に遭遇し、
以来、川にゴミを捨てるなどといった川を汚す行為、
自然に対して悪いことができなくなったという話を
よくされていますが、そういったことが
実は地球を救っていくのではないか…と考え、
当時の”理念”として掲げたのだそうです。

中村さんは客席をグルッと一周指をさして、
ひと言「超水族館ナイトが僕の水族館なんです!」と。

中村さんは超水族館ナイトでの”館長”として
これからの時代の水族館が発信してほしいこと
つまり”理念”を壇上から沢山伝えてくれています。

それを、客席にいる現役の水族館スタッフさん、
これから水族館職員を目指す学生さん、
水族館が大好きで通い詰めている水族館ファン、
みんなが中村さんの理念やメッセージを受け止めて
水族館に少しずつでも反映できたらサブタイトル通り
水族館が(明るい)未来をつくっていけるかもしれません。

是非、そうありたいものです。