「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店 会場レンタルも可!

【 イベントレポート 】

水族館プロデューサー中村元 presents 中村元の超水族館ナイト2015夏 ~水族館で未来をつくる~』ライブレポート(15.06/07開催)

2015年06月22日

【後半の部より】

後半戦はゲストを招いてのトーク!

水族館(動物園)の若手現役スタッフの集まりである
チビッコ園館長会議からなんと本物の館長、副館長が誕生!

まずは”たけすい”こと竹島水族館(愛知県蒲郡市)の

小林龍二 館長!

2年前の超水族館ナイト(小さな水族館の爆発力)で、
貧乏水族館ながら知恵を振り絞って
来館者数を一生懸命に増やしていく
涙ぐましい努力の日々を語っていた小林さん、
なんと館長となってステージに戻ってきてくれました。
(水族館は依然、貧乏のようですが…)

中村元”筆頭”門下生!燃える火の玉ボーイこと小林館長!
小林館長

そして、北海道北見市、
北の大地の水族館(山の水族館)から

山内創 副館長!

断トツの若さ!山内創副館長!
竹内副館長

小林さんと同じ北里大学出身。
冬場はマイナス20度以下になる北の大地の
厳しい自然環境の中で戦う若きリーダー。
世界初の冬に凍る川の水槽がある水族館です。

まずは小林館長による”たけすい”の紹介から。

たけすい外観
たけすい外観

中村さん
「皆さん信じられます?現存しているんですよ!?
現代に取り残された最後の昭和の水族館や…!」

— 客席笑 —

小林館長
「いやいや、中もちゃんとしてますよ。
サンゴの水槽です。子どもも見とれています。」

— 客席笑 —

竹島水族館の”ちゃんとしている”水槽
サンゴの水槽

昭和な施設に決して広いとは言えない館内。
大水槽があるわけでもなく、
イルカやラッコといったアイドルがいるわけでもない。

しかし、そんな竹島水族館ですが、
主任時代から小林さんが中心となって
奇抜なアイデアでどんどんお客さんを呼び込み、
以前は13万人だった年間入場者が
昨年はなんと23万人まで増えたというから凄い!

中村さん
「大規模リニューアルをしたりせずにほぼ倍ですよ?
そんなのは水族館界の常識ではまずありえないこと。
でも彼はそれをやり遂げてしまっているんです!」

そんな竹島水族館の展示の最大の特長と言えば…

おもしろ手書き解説プレート!
たけすい手書き解説板

文章がとにかく面白い!

水族館に来るお客さんは
別に魚の勉強をしたいワケでは全然ないので
殆どの水族館では、魚や水槽の解説板プレートは
全く読まれていないのが現状です。

それならばと、たけすいでは
科学的・魚類学的な記述を一切やめて
お客さんが読まずにはいられなくなるような
ウィットに富んだ親しみの持てる文章を
スタッフ全員で手書きしています。

イラストも手書き。「どの魚を見るか?イラでしょ!」
イラでしょ!

イラという魚は地味な魚であるため
普通ならお客さんは見向きもしないそうなのですが、
この「イラでしょ!」のイラストを見たら
水槽を覗いてイラという魚を探したくなりますよね?
今では竹島水族館は日本で一番お客さんが
解説を読んでくれている水族館となっているそうです。