「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店 会場レンタルも可!

【 イベントレポート 】

水族館プロデューサー中村元 presents 中村元の超水族館ナイト2015夏 ~水族館で未来をつくる~』ライブレポート(15.06/07開催)

2015年06月22日

北の大地の水族館のいただきますライブの様子を上映
いただきますライブ

1m級の大きなイトウの水槽に餌のニジマスを入れる。

食べようと追うイトウと
食べられまいと必死に逃げるニジマス。

食うか食われるかのバトルが展開されるシーンを
お客さんに見てもらうことで命のつながりを理解してもらう。
決して残酷ショーなどではなく、
命は命を頂いて生きているという当たり前のことに
気づいてもらうためもの。

山内副館長
「大きなイトウがニジマスを食べていますけど
生れたばかりのイトウの稚魚は1cmに満たない小さな魚。
イトウも稚魚のうちはニジマスに食べられていたんです。
そういった命につながりにも目を向けてもらえれば…。」

この迫力である!
いただきますライブ

ところで、小林館長が蒲郡市の広報誌に連載していた
コラム「読む水族館」が記念すべき100回を数え、
それを冊子にして持ってきてくれました。

「読む水族館」100回記念
読む水族館

本編終演後の2次会で希望者に配布されましたが、
悲喜交交の裏話が盛りだくさんで読み応えがありました。
さすが小林さん中村元筆頭門下生を名乗るだけあって、
文章の至る所から中村イズムを垣間見ることができます。

今までは展示のことだけ考えていればよかった小林さん、
館長として市や外部団体とも色々な交渉事が発生します。

中村さん
「君はちょっと尖がりすぎてるからなぁ…」

と師匠・中村さん、少し心配な様子。

小林館長
「まぁ、師匠が師匠ですからね…(笑)」

村さん「アシカと上司と女にはエサが大事や!」←こらこら
師弟トーク

中村さんと門下生のトークバトルに客席も大盛り上がり
師弟トーク

今日のテーマは”水族館が未来をつくる”でした。

竹島水族館と北の大地の水族館の描く未来について
最後に語ってもらいました。