「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

そうめん研究家・ソーメン二郎+缶詰博士・黒川勇人 presents 『納涼!七夕そうめん祭  ~缶つま&ご当地そうめん味比べ!~(超お得!そうめん各種、日本酒地酒各種、缶つま各種、缶つまと三輪素麺お土産付)』 ライブレポート(15.07/07開催)

2015年08月05日

●進化系そうめんつゆ

そうめんは麺自体が非常にサッパリしているので、ちょっと尖った濃い目の味のものと合わせても全くケンカすることなく美味しく食べることができます。そこに注目した食品メーカーがカレー味焼肉味のめんつゆを開発。これが非常に美味しいそうで、テリーさんはこれらの新しいそうめんつゆを進化系そうめんつゆと呼んでいます。

焼肉しょうゆ、まろやか担々、こく旨カレー…等々
進化系そうめんつゆ
(左下の”栗かぼちゃの冷製かけつゆ”が気になる…)

●ソーメン二郎おススメの食べ方


家がそうめんの製麺所ということで、毎日のように食事にそうめんを食べていたというテリー少年。しかし、さすがに「毎日では飽きる!」と、テリーさんは小
学生の頃から今日に至るまでずっと「飽きない食べ方」、「もっと美味しい食べ方」を研究し続けてきたそうです。その結果、辿り着いた究極の食べ方を紹介し
てくれました。

テリーさん
「エキストラバージンオリーブオイルに3回ぐらいかけて、天然塩をパラパラとかけて刻んだバジルの葉を加える!そうすると小麦本来の美味しさが際立って、ああ、そうめんってこんなに美味いんだ!と実感できます!」

なるほど。是非、お試しあれ!

そうめんを熱く語るソーメン二郎ことテリー植田P
「そうめん」を熱く語るソーメン二郎!

●美味しいそうめんが食べられるお店の紹介

冒頭にも書いたように、「そば」や「うどん」に比べると専門店が圧倒的に少ない「そうめん」ですが、でも、探せばちゃんと美味しいお店があります。テリーさんがまず紹介してくれたのが東京・東中野駅前にある半田そうめんの専門店「阿波や壱兆」。なんとスペシャルゲストとして女将さんが来てくれました。

半田そうめん「阿波や壱兆」の女将、田中嘉織さん
「阿波や壱兆」の女将・田中さん

「阿波や壱兆」の紹介
「阿波や壱兆」の紹介


波や壱兆は半田そうめんをつけ麺ではなくぶっかけで食べる徳島県南スタイル。目玉は日替わりランチメニューでそのレシピはなんと300種類以上!スタン
ダードなそうめんからタイ風のガパオライスそうめんバージョン、韓国冷麺風フルーツきむちそうめん等といった挑戦的なメニューまで非常に振り幅の広いメ
ニューで毎日楽しませてくれます。

スライドの写真右は徳島名産のすだちをたっぷりと使った「すだちそうめん」。左は実は”裏メニュー”
で、豚ロースの薄切りともやし、おくら、みょうがを増し増しに盛った「ソーメン二郎」というメニュー。ラーメン二郎のそうめんバージョンで美味しさとボ
リュームを実現。食べてみたい人はお店に行って「ソーメン二郎ください!」と注文してみましょう。

続いて、「近江や」の焼きさばそうめんの紹介
近江や

テリーさん
「近江やさんのそうめんは汁なし(煮込んであって麺に味が染みている)で、焼きさばとの相性が抜群!とても美味しいです!」

ソーメン二郎はただそうめんを食べ歩くだけでなく、積極的にコラボレーションも仕掛けています。老舗とんかつ専門店・かつ吉の日比谷店ではテリーさんの提案で「冷やし海老かつ半田そうめん」がメニューに加わりました。

冷やし海老かつ半田そうめん
かつ吉