「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

リアルドイツをドドンと暴く、あのイベントがご要望に応えて一年待たずに復活!『ドドンとドイツ!!2 ~またお台場におジャーマンしますヨ』ライブレポート(16.3/26開催)

2016年04月16日

2.ドイツのキャラクター

前回時間切れで触れられなかったドイツの国民的キャラクター「ザンドマン」について。ザンドとは砂のことで、ザンドマンは日本語で”砂男”の意。ドイツの昔話に登場する睡魔で、人の目に砂を投げかけ、その砂が目に入った人は睡魔に襲われ寝てしまうというもの。テレビ番組に登場し、「子供はそろそろ寝ましょう」と就寝を促す役割を担っていた。

フロリアン
「ザンドマンがテレビに登場するとで必至にテーブルの下に隠れてまだ寝ないよというふうに頑張った思い出がありますね。」

伸井さん
「フロリアンにも可愛い時代があったんだ。(笑)」

ザンドマンのテレビ番組が始まったのは東が1959年、西が1961年。東西で違いがあって、東はとても可愛らしい顔立ちで砂を巻いて子供たちを眠らせますが、西は徹底した現実主義で砂を巻いたりはしないそうです。

東のザンドマン(とても可愛い)
ザンドマン(東)

西のザンドマン(徹底したリアルの追求)
ザンドマン(西)

東のザンドマンは社会主義を象徴する建物や記念碑・彫像などを背景に登場するなどプロパガンダ的に使われることも多く、ザンドマンが装甲車に乗って現れるシーンまで放映されたとか…。それらは黒歴史として今ではすっかり闇に葬られているそうです。

東ドイツのエージェント=ザンドマン
東のザンドマンの裏の仕事

伸井さん
「ちなみに民間伝承のオリジナルのザンドマンは超怖いです!」

これがオリジナルのザンドマン(怖っ!)
ザンドマン

3.ドイツのビデオゲーム

ドイツのビデオーゲームの紹介も。

こちらのサイトで体験できます。

もの凄く既視感のあるゲームのような…
ドイツのゲーム

4.ドイツのかわいい建物

イベント開始からドイツのどうかしている写真ばかりを見続けてきましたが、せっかくベルリンから久保田さんに来て頂いているので、久保田さんの専門分野である「かわいい」ドイツについてもいくつか紹介して頂きました。下の写真のスライドは世界遺産にも登録されているベルリンのモダニズム集合住宅群。1913年から1934年にかけてベルリンの6か所に建てられた建物ですが、とても100年前のデザインとは思えないほど斬新で機能的な造りをしています。

かわいいドイツ紹介中
ベルリンのモダニズム集合住宅

5.おみやげ争奪ジャンケン大会
第1部の終わりに伸井さんからドイツのお土産がありました。…と言っても数に限りがあるのでジャンケンを勝ち抜いた人にプレゼント!

伸井さんからお土産
伸井さんのお土産

お土産争奪ジャンケン大会
ジャンケン大会
ジャンケン大会