「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

日本エディブルフラワー協会 presents 『花を食べる!』エディブルフラワー×ビーガン ~カラダの中から美しく~ ライブレポート(16.05/27開催)

2016年07月08日

登壇した生産者さんの中で、客席から大歓声が送られていたのがコチラの若手の二人。株式会社トムの八澤豊幸さんと株式会社アンジュールの石附正志さん。八澤さんは島根県でドライエディブルフラワーを販売。石附さんは新潟県でバラの栽培を行っています。

八澤豊幸さん(トム)と石附正志さん(アンジュール)
トムとアンジュール

ドライエディブルフラワーとは「ドライ」と「エディブルフラワー」を合わせた造語。つまるところ「食べられる押し花」です。食用生花だと急いで食べないとすぐにダメになってしまいますが、ドライエディブルフラワーは保存が利いて、いつでも手軽に利用できます。その強みを生かして世界各国に輸出もしているそうです。

ドライエディブルフラワーの使用例(ケーキに使用)
ドライエディブルフラワー

非常に繊細な作業が要求される。
四つ葉のクローバーのドライエディブルフラワー
(四つ葉のクローバーのドライエディブルフラワー)

石附さんのご実家はもともと鉢花の生産農家だったそうですが、見て楽しむだけでなく、「食べて楽しむ」ところに着目し、食用のバラの栽培を始めたそうです。この日カルカルを埋め尽くした食用バラはアンジュール提供のもので、「特に香りの強い品種を選んで持ってきました(石附さん)」とのこと。

アンジュールの食用バラいろいろ
アンジュールの食用バラ

こちらは試食用に配られたクラッカー
ドライエディブルフラワーとバラのジャム
(トムのドライエディブル+アンジュールのバラジャム)

ここで、おもむろに謎の箱を取り出すJuliさん。

その箱は…???
プレゼントコーナー

実はアンジュールの石附さんからのプレゼント「食用バラの詰め合わせ」だそうで、突如ジャンケン大会が始まりました。

アンジュールの食用バラ争奪・ジャンケン大会
じゃんけん大会
じゃんけん大会2

勝ち抜いた5名に石附さんからバラが贈呈
5名に贈呈

箱の中身を見せて頂きました(美しい!)
バラの詰め合わせ