「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

「円周率1000000桁表」でお馴染み、謎の理数系同人サークルがそのベールを脱ぐ! 『暗黒通信団を吊し上げる会 ー謎の過去を勝手に造る夜ー』ライブレポート(2016.3/14開催)

2016年04月11日

【同人誌即売会】

開場と同時に暗黒通信団オンリー同人誌即売会「DarKnight-1」も始まりました。普段は1g当り4円の量り売りですが、この日は円周率の日特価1g当り3.14円での販売となっていました。

同人誌即売会「DarKnight-1」のコーナー
オンリー同人誌即売会コーナー
(協賛:印刷会社「ねこのしっぽ」)

貴重な本も並んでいました。早いもの勝ちです
同人誌即売会コーナー

新刊の「円周率10000.00桁表」と「圓周率佰萬桁表 日本語版」
新刊です

「円周率10000.00桁表」は暗黒通信団の代表作「円周率1,000,000桁表」の数字が細かすぎて読めないという人の要望を受けて誕生した本。フォントサイズが大きくなって格段に読みやすくなりました。

可読性の高い優しい字の大きさになりました
円周率1万桁表

一方の「圓周率佰萬桁表 日本語版」は「円周率1,000,000桁表」を旧漢字に変換したもの。こちらは逆にさらにポイント数が小さくなって、本を開いた瞬間に目がチカチカするレベル。まさに究極のイヤガラセ

これは読めない…!「圓周率佰萬桁表 日本語版」
円周率さえイヤガラセ

こちらも新刊!「e^iπ 1000000桁表」
新刊「e^iπ」1000000桁表

理系なら常識ですが e^iπ  = -1。従って、コチラ本の定価はマイナス1円。「これください!」と言うと購入者に1円が還元されます(本当)。ちなみに原価は200円だそうで、1冊売れる度に暗黒通信団には201円(?)の赤字が発生することになります。たとえ赤字でも「面白ければやる!」、それが暗黒通信団のスタイルのようです。

お会計(1g当たり3.14 円で計算)
量り売り