「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

カルカルの王道!サブカル オルタナ系面白プレゼン大会緊急開催!『第1回 カルカル プレゼンナイト~大人のオルタナ趣味プレゼン大会』ライブレポート(15.09/19開催)

2015年11月02日

【パワーポイント怪談】

後半戦1番手は森田哲生さんよるパワポ怪談!
”怪談”に拡張子.pptをつけて”怪談.ppt”!

森田哲生さん
森田さん

『怪談.ppt』とは、その名の通り、
マイクロソフト社のパワーポイントを使用した
プレゼン形式の怪談トークショー。

コピーライターとして活躍中の森田さんは
講師としての仕事の依頼も多く、
パワーポイントで大量のスライドを作成し、
コピーライティングのイロハをレクチャーしています。
ただ、あまりにも大量のスライドを作成するため、

森田さん
「ある時、スライド作りが嫌になってしまって…。
パワポで何か違ったことができないかと考えました。」

そして、辿り着いたのが”怪談”だったそうです。

パワポで伝える。パワポで怖がる。”怪談.ppt”
怪談.ppt

披露してくれた怪談は
『青いサンダルと赤い浮き輪』というお話。

森田さん
「これは僕が小学校3年生の時に体験した話です。夏休みに家族でT県にあるC湖のキャンプ場に行ったんですね。僕は泳ぐのが大好きな少年でしたが、残念ながらその日は台風一過で湖は遊泳禁止でした。ガッカリする僕を見かねた父は僕に『好きに撮っていい』と当時の最新一眼レフEOS650を24枚撮りフィルムとともに貸してくれました。僕はテンションを回復して写真を撮りながら湖の畔の道を歩いてきました。」

あくまでパワーポイントで話を進めていきます
パワポで怪談を展開

伏線もきっちりスライド化!
伏線

森田さん
「湖の畔を15分ぐらい歩いたところで
父が突然立ち止まりこう言ったんですね。
線香の匂いがしないか?』と。
確かに線香の匂いがしていました…。」

森田さん
「このときの僕と父の
”心理状態”をお見せしたいと思います。」


心理状況もグラフ化!

プレゼン式怪談

その後もパワポで情景や心理状況を説明しながら
怪談話が進んでいく…。

湖の畔にあった洞の説明スライド
洞の説明

母「こんなビラが配られたわよ!」
ビラの説明スライド

ああ、ここで男の子が亡くなったんだ…。

…と、次の瞬間、湖面に何やら蠢くものが…!?

亡くなった男の子と同じビーチサンダルが湖面を!?
クライマックス

このレポートでは全く伝わらないと思いますが(汗)、要するに日常的に使われている最も身近なプレゼンツールであるパワーポイントに、古来から存在する「怖い話(怪談)」という文化を融合させることで、新たな可能性を探るプレゼントークショーでというワケです。怖い話が妙にスッキリとした話に聞こえたり、逆にスライドで事細な説明を与えることで余計に怖い話に聞こえたり。プレゼンターの力量にもよると思うのですが、非常に面白いパワポの使い方だと感じました。興味のある方はコチラで過去のパワーポイント怪談が見られますのでどうぞ。これがかなり面白くてハマります。