「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

カルカルに猫初出演!猫好き猫写真好きにゃんだーランド開催!『お台場 猫フェス!~ソトネコ写真と猫本トークと猫ナマ撮影会!(飼い猫同伴大歓迎!)』ライブレポート(15.06/07開催)

2015年07月03日

【前半の部より】

前半は南幅さんによるソトネコ写真スライドショー

そもそも”ソトネコ”とは何か?

もちろん読んで字のごとく”外にいる猫”なのですが、

横山店長
「このイベントのミッションの一つにソトネコという言葉を
広めて定着させたいというのがありまして…」

なるほど。野良猫という呼び方を避ける…と。

特に南幅さんが撮っている島の猫たちは
自分で狩りして生活をしているワケではなく、
島の人に餌をもらいながら生活は外でしているという
スタイルなのでソトネコという呼び方はピッタリです。

イエネコ  に対して ソトネコ

これからこの呼び方でいきましょう!

さて、南幅さんは4月に「のんびり猫旅」という
猫が暮らす島を巡り、島のソトネコ達を撮影した
写真集を出版したそうです。

今回はその中から初心者にもオススメの
”ソトネコに会える島”を紹介してくれました。

当初は”マル秘スポット”みたいなものも
いくつか紹介してくれる段取りだったようなのですが、
世の中には猫が好きという人ばかりではなく、
悪意を持って猫に近づき危害を加える人もいて、
また、猫が多く住む場所を公にすることで
猫をそこに捨てに行ってしまうというケースも考えられ、
今回はメディア等で既に「猫がたくさんいること」が
広く知られている島の紹介に留めた内容となりました。

南幅さんの新刊「のんびり猫旅」
南幅さんによるソトネコ写真紹介

江の島

まずはカルカルからもすぐに行ける島、江の島

但し、昼間は大勢の観光客でにぎわう為、
猫も隠れてしまうので昼に行ってもなかなか会えないとか。
たくさんの猫に会えるのは朝7時ぐらいだそうです。

江の島のソトネコの特徴はブランド風な洋猫が多いこと!

お腹が渦を巻く柄のアメショー系
江の島のソトネコ

こちらもアメショー系
江の島のソトネコ2

足が短いのでマンチカン系の血も入っていると思わます。

江の島神社の奥津宮にいたソトネコ。表情豊かです。
江の島のソトネコ3

ソトネコ社会における縄張り争い、力関係などを
ストーリー仕立てにして妄想全開で語っていく南幅さん。(笑)

「アイツ気に入らないねぇ。お前さんやっておしまい!」
江の島のソトネコ9

江の島の有名なソトネコと言えば…

かの事件で犯人に首輪をつけられた…
某事件で有名な猫