「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

(有)月夜野きのこ園presents 『クワガタワイワイvol1』ライブレポート(15.05/23開催)

2015年06月02日

【ゲストトークより(続き)】

3.虫を美しく撮る3つのポイント

超がつくほどの昆虫愛好家!プロカメラマン野澤亘伸さん
野澤カメラマン

野澤さんは1993年から写真週刊誌「フラッシュ」の
専属のカメラマンとして報道・スポーツ中心に活動し、
2002年からはタレントのグラビア撮影にも携わり、
これまでに約50冊の写真集を撮影している名カメラマン。
撮影時にテンションが上がると海パンになることから
”海パンカメラマン”との異名を持つ…。
この日はバリでのグラビア撮影から帰国したばかりで
なんと空港から直接カルカルにやって来たそうです。

野澤さんは昆虫愛好家としても知られていて
写真集『美しすぎるカブトムシ図鑑(双葉社)』
撮影から執筆まで野澤さんが一人で手掛けたもの。

これがその「美しすぎるカブトムシ図鑑(双葉社)」
美しすぎるカブトムシ

野澤さん
「昆虫は見ていて飽きることがないですね。
自然界の淘汰と進化の結果として
よくぞこんな形になってくれたな…と!」

野澤さんの撮った昆虫写真のスライドに映しながら
昆虫撮影の魅力と難しさなどについて語ってくれました。

ヨツボシヒナカブトと和菓子のコラボ
ヨツボシヒナカブト

飛翔するヘラクレス
ヘラクレスの飛翔写真

野澤さんによる昆虫撮影の実演も
美しいカブクワ写真の撮り方

一眼レフでしか写真を撮らないという野澤さん、
iPadでの撮影に苦笑いしつつも
「光を見て陰影がどうできるかを予測する」など
プロカメラマンならでは撮影プロセスを解説。

4.真面目でディープな飼育と採集の話

月夜野きのこ園のSHIHOさん
SHIHOさん

ゲストトークの最後を飾るのは月夜野きのこ園の
ブリード&飼育日記担当のSHIHOさん。

SHIHOさんは飼育はもちろん採集もスペシャリスト!

…ということで、こらからの昆虫シーズン、
採集の際にあると便利なアイテムなどについて
いくつか紹介してもらいました。
SHIOさんが特に重宝しているのがツーリングマップル。
標高や林道が詳しく掲載されていて必携だそうです。

さらに採集テクニックとして”木の蹴り方”の実演も。

虫を見逃さないよう視野を広く保つことが重要だそうです
木の蹴り方実演
(すみません。突然の実演だったのブレました…)

その他、飛び立ったカブトムシをライトで誘導して
自分の手前に落とす技などを明かしてくれました。