「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

祝!20回! 水族館プロデューサー中村元 presents 『中村元の超水族館ナイト2015春 ~第20回:常識はずして生き残れ!~』ライブレポート(15.2/21開催)

2015年03月06日

5.ジュゴンにも襲われた???

…とある時期の鳥羽水族館には、
メスのセレナとオスのジュンイチという2頭のジュゴンがいた。
オスのジュンイチは交尾が非常に激しく
セレナがそれを嫌がるので2頭は別々に飼育されていた。

別々の飼育となって平穏に暮らせるようになったセレナであるが、
ジュンイチに襲われなくなったことで、運動らしい運動もせずに
ただぼんやりと浮いているだけの毎日になってしまい、
結果、みるみると太ってきてしまったという。
そこで飼育スタッフがセレナと一緒に泳いで遊んであげて
ダイエットさせようという試みが行われていた。

中村さんは初対面のテレビ収録後にも
何度かトモ子さんと話をする機会があったそうで、
トモ子さんに「セレナと一緒に泳ぎませんか?」と
プライベートで誘いの声をかけたという。

当然のように喜んで鳥羽水族館にやってきたトモ子さん。
セレナと一緒に泳いで楽しい時間を過ごして戻ると、
中村さんから「ジュンイチとも泳ぎませんか?」と促される

テリーさん
「大女優に無茶させますねぇ…。」

中村さん
「いやいや。面白いことになるぞと思って!(ニヤリ)」

するとジュンイチはトモ子さんをメスと勘違いして、
前鰭でトモ子さんを抱えて興奮気味に泳いでいたとか。

中村さん
「トモ子さんからは見えなかったと思うけど
ジュンイチはこれぐらいの***を出していて、
しかも腰を動かしていましたね!(笑)」

プライべートながらテレビ局を同行させていたトモ子さん。
”松島トモ子、今度はジュゴンに襲われる”と大騒ぎに
一方、いい宣伝になると「してやったり!」の中村さん。

ジュンイチは普段からプール清掃中の女性スタッフなどを
何度も襲ったりしていたので、中村さんはこうなることを
当然分かった上でトモ子さんをジュンイチと泳がせたワケで
まさに「計画通り!」の中村トラップ。

だからペテン師って言われるんですよ!(笑)
ジュゴンのジュンイチを語る

そして、いよいよ「松島トモ子伝説」の”あの話”へ。