「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

水族館プロデューサー中村元 presents 『中村元の超水族館ナイト 2014年夏 ~人生は海獣から学んだ~』ライブレポート(14/06/15開催)

2014年06月24日

2年間のアルバイト生活を経て、晴れて鳥羽水族館へと入社し、
魚やジュゴン、マナティーを担当していた芦刈さんに
ある日、突然「ペリカンをやってみないか?」という話があったそうです。

芦刈さん
「鳥なんてやりたくないですよ。だって魚が好きなんですよ?
ペリカンに興味なんてあるワケないじゃないですか!」

…と、当初は愚痴っていた芦刈さんでした、
いざペリカンの担当になって世話を始めてみると
初めのうちは凄く噛んだ子が全く噛まなくっていくのを見て、
急に愛着が湧いてペリカンが大好きになったと言います。

この通りである
ペリカンと芦刈さん

入口が「魚」であったというだけで
芦刈さんは「生き物が大好き」ということなのでしょう。

そんな芦刈さんがとてつもないインパクトを受けたというのが
鳥羽水族館から車で10分ほどのところにある二見シーパラダイス。

二見シーパラダイスは沢山の海獣達が柵も仕切りもなしに
お客さんのすぐ目の前にまでやってきて触れ合うことができるという
海獣に関しては世界一といっても過言ではない展示をしている水族館です。

中村さんはこれを”柵なしショー”と呼んでいます。

芦刈さん
「ベビーカーがあろうが、小さな子供がいようが
すぐ目の前まで巨大なセイウチやトドが突っ込んでくるんですよ!
これを実現させているテクニックはハンパないです!!」

二見シーパラダイスのセイウチ
二見シーパラダイスのセイウチ

二見シーパラダイスの巨大なトド。実は敷地の外である。
トドと国道
(後ろに見えるのはまさかの国道!)

そんな二見の「柵なしショー」に感動した芦刈さんは
「鰭脚類っていいな!セイウチいいな!是非欲しい!」
と強く要望し、ついにセイウチを入れてもらったそうです。

セイウチベビー。そして会心の笑顔の芦刈さん
セイウチベビーと芦刈さん

この時期のセウイチは子犬のように人懐っこいらしい。
あまりの可愛さにカルカルの客席からもどよめきが起きていました。

ここからは芦刈さんの怒涛の海獣スライドショーが始まります。