「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

「変な協会~協会力が世界を救う!?~」出版記念 日本キョーカイ協会プレゼンツ 『協会サミット2013 feat.LOVE ~愛とロマンスとハグと離婚と合コン?』ライブレポート(13.07.28)

2013年10月08日

2.ロマンティックなデートテク/日本ロマンチスト協会

”合コン”で出会ったら次は”デート”

続いては、日本ロマンチスト協会の波房さんに
ロマンチックなデートの演出方法について語ってもらった。

波房克典さん(日本ロマンチスト協会会長)
波房さん

日本ロマンチスト協会は会員数1600人を誇る愛の秘密結社

波房さん
「我々ロマンチストは夢見がちと言われてますが、夢見がちで何が悪い!
日本ロマンチスト協会ではロマンチストを
”大切な人を世界で一番幸せにできる人”と定義し、
ロマンチストを増やす活動を行っています!」

実はロマンチスト協会の会員の中には
社会的地位の高い実力者が実は相当数潜んでいるらしく、
波房さんが「こんなことができたらいいなぁ」と軽くつぶやいたことが
波房さんの知らないところで勝手に実現しているということが多々あるらしい。

ひとつ例を挙げると、日本ロマンチスト協会では
6月19日(6=ロマン 19=ティック)を「ロマンスの日」と定めて
大切な人に何か一つ青いものを贈るという
「PRESENT BLUE」という活動を展開しているが、
これに合わせてなんと東京タワーが青く点灯する。
しかし、これは決して波房さんが東京タワーに頼んだものではなく
東京タワー関係者の”偉い人”の中にロマンチスト協会の会員がいて、
気づいたらいつの間にか青く光るようになっていたというから驚きである。
ニューウェーブ協会でありながら社会的影響力は非常に強く、
客席からはロマンチック版フリーメーソンとの声も。(笑)

そんなロマンチスト協会のトップ・波房さんに
ロマンティックなデートについて語ってもらった。

大事なのは”ストーリーメイキング”だそうだ。

ロマンティックなデートを演出したいからと言って
ロマンテックな場所に連れて行かなければならないということはなく、
「別にその辺の居酒屋でも全然構わない」と波房さん。

但し、なぜ今日はこの場所(居酒屋)なのかという
事前のストーリー作りが非常に重要で、
そのストーリーに納得できる要素があると
相手をロマンティックにときめかせることができるとのこと。

ロマンチスト協会ではロマンチックなデートを演出するための
3つのR(3R)というものを提案し、推奨している。

・1R=サプライズ ・2R=ロケハン ・3R=30秒ルール

デートにはサプライズ(1R)があると望ましい。
日常の中の非日常を演出することで相手と良好な関係を持続できる。
波房さんがオススメのサプライズは「手紙」だそうだ。
何でもメールで済んでしまう時代にあえて自筆の手紙を渡す。
突然の手紙に相手はグッとくることが多いらしい。

また、デートの場所を突発的に選ぶと大抵失敗するので、
「ロケハン(2R)は出来る限り行った方が良い」とのこと。

波房さん
「初めてのデートでドキドキしたりするとロケハンをするじゃないですか?
ロケハンをすることでその新鮮なドキドキ感も忘れないようにしてほしい!」

そして「30秒ルール」。
相手の瞳を「好きです」と伝えるような気持ちで
ジッと30秒間見つめ続けることで、
言葉では表現できない想いも伝えることができる。
想いが本物なら愛に言葉はいらないのかもしれない。

日本ロマンチスト協会ホームページ