「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

「変な協会~協会力が世界を救う!?~」出版記念 日本キョーカイ協会プレゼンツ 『協会サミット2013 feat.LOVE ~愛とロマンスとハグと離婚と合コン?』ライブレポート(13.07.28)

2013年10月08日

3.愛を深めるハグの所作/日本ハグ協会

合コンで出会い、デートでムードを高めたら
”ハグ”をして愛を更に深めていく…。

3番手は日本ハグ協会の”マザー”こと高木さと子会長。

高木さと子さん(日本ハグ協会会長)
高木さん

日本ハグ協会は2009年1月の設立。
活動拠点の名古屋からカルカルまで駆け付けてくれた。

家族や友人、或いは職場など一番自分の近くにいる人達と
”ハグニケーション”を行うことで、その人達を大切にする!

ハグニケーションとは「ハグ」+「コミュニケーション」からなる
日本ハグ協会考案の造語だ。

日本にはハグの文化が殆ど根付いていないので、
ハグと聞いただけで相当にハードルの高いものに感じてしまう人も多い。
そこで、日本ハグ協会ではハグの習慣のな我々日本人でも
気軽に”ハグニケーション”を始められるように
日本流のハグの作法を定めるとともにハグ四十八手なるものを設定した。
そこにはハグだけでなく握手やハイタッチ、おじぎなども
ハグニケーションの1つとして定義されている。

普段ハグをしていない人がいきなりハグをしようとしても無理なので、
まずは握手やハイタッチなど、ハードルの低いスキンシップから始めて
大切な人とのコミュニケーションを高めていく。
相手がどのようなスキンシップを求めているのかを探り、
それが見つかったらそれをどんどん行っていこうとというもの。

/*— 具体的なハグニケーションのやり方は第2部で解説 —*/

これは日本ハグ協会の「ハグ四十八手てぬぐい」
ハグ四十八手てぬぐいを紹介

ちなみに「女性が一番してほしいハグ」は”後ろハグ”であるらしい。
(日本ハグ協会、高木さと子会長調べ)

その他、正面ハグをしながら背中をポンポンと優しく叩いてあげるのも
交感神経が優位に働いてリラックスしやすいらしく人気が高いとか。

絵音さん
「女性は後ろ肩をポンポンとされると落ちやすいです。特にA型は弱いです!」

なるほど…。

日本ハグ協会ホームページ