「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

かなざわ珈琲 presents 『かなざわ珈琲 お台場店オープン! ~噂のあの珈琲の入れ方、あの愉しみ方~』ライブレポート(13.06/15開催)

2013年07月11日

【前半の部:昭和の喫茶店文化】

前半の部のテーマは「昭和の喫茶店が文化を語る」
前半のテーマは「昭和の喫茶店が文化を語る」

1)昭和の喫茶店

喫茶店は今も昔も「憩いの場」として親しまれていますが、
昭和時代の喫茶店は今とはまだ違った重要性を持っていました。

金澤さん
「なにしろ携帯電話なんてなかった時代です。
何をするにも待ち合わせはほぼ100%喫茶店でした。」

当時は電話でのお客さんの呼び出しや取次ぎ、伝言等は
喫茶店の重要な”日常業務”だったそうで、
現代におけるインターネットを使うのと同じような感覚で
誰もがお気に入りの喫茶店に頻繁に足を運んでいました。

金澤さん
「喫茶店は今で言う携帯電話会社の役割や
プロバイダの役割を果たしていたと言えますね!」

喫茶店は庶民を支えるオアシス的な場所であり、
人と人との円滑なコミュニケーションを支えていました。
お店のマスターの存在感も今よりずっと大きかったそうです。

喫茶店内に電話ボックスは常識だった
喫茶店の中に電話ボックスがある風景

電話をかけるために喫茶店に行っていた時代。
店内にはピンクの電話、黒電話だけでなくに電話ボックスもあった。

喫茶マッチコレクション
喫茶店のマッチ色々

金澤さんは自分が行った喫茶店の記録として
喫茶店のマッチを集めていたそうです。
マッチのラベル紙にメモを取ったりなどもよく行われていました。

懐かしい喫茶店の卓上占い
喫茶店によくあった卓上占い