「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

かなざわ珈琲 presents 『かなざわ珈琲 お台場店オープン! ~噂のあの珈琲の入れ方、あの愉しみ方~』ライブレポート(13.06/15開催)

2013年07月11日

2)ドリップ開始

最初は表面のくぼみの部分に雨だれのように
ぽたぽたと静かにお湯を落としていきます。

抽出に沸騰したお湯を使うと渋いコーヒーとなってしまうので
90度ぐらいに下がったお湯を使うと良いとのこと。

「かなざわ式珈琲抽出法」が始まりました
準備が整ったところでドリップを始める金澤さん

表面がむくむくと膨らみ始め全体にいきわたったら注ぐ湯を止める。
乾燥しているコーヒーは初めはお湯を弾いてしまうので
こうしてコーヒーの粉に湯をしっかりと浸透させてあげるそうです。
膨らみが止りかけたら再び湯を落とします。

やがてムクムクと泡が出てきます
お湯を落とすとムクムクと泡が出てくる(ブリオッシュ状態)

この時点ではまだ珈琲液は落ちてこない
まだ珈琲液は落ちてこない(コーヒーがたっぷりとお湯を蓄えている状態)

たっぷりとお湯を吸収していたコーヒーがこれ以上吸収できなくなると
ポタッ ポタッ と濃厚な珈琲液が滴下し始めます。

これが旨味エキスが凝縮された珈琲液
旨みエキスたっぷりの珈琲液が落ち始める

珈琲液の滴下が始まったらお湯を落とす範囲も広げていく。
(全体のムラが残らないように注ぐのがコツだそうです)

フィルターから落ちる珈琲液が一本線に
フィルターから落ちる珈琲液はやがて一本線になる

珈琲液が一本線で抽出されるようになったら
注ぐお湯も一本線になるようにする。
このとき注ぐ湯の量とフィルターから落ちる珈琲液の量が
同じぐらいになるようにお湯をコントロールするのがポイント!

さて、私達が普段コーヒーを淹れるときは
コーヒーの粉の量に対して所定のお湯の量を注ぎますが、
かなざわ式では、ぽたぽたとゆっくりお湯を落として
非常に濃い状態の珈琲液を抽出するので
旨みエキスが凝縮された最初の1/3だけを使います

この珈琲液に挿し湯(3倍希釈)すれば
美味しい「かなざわ珈琲」の完成です!

珈琲液1に対してお湯が2の割合。これで完成!
1番目の珈琲液に挿し湯して飲むのが「かなざわ式」

1/3で抽出を止めてそれに挿し湯をするとなると
「薄くなるのではないか?」と心配になるかもしれませんが、
かなざわ式抽出法で得られた珈琲液は非常に濃厚なので
挿し湯しても十分な濃さを保ちます。