「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

里中遊歩著・今泉忠明監修『サトナカがゆく! ~風まかせ動物探索記』発刊記念!<NIPPON野生生物summit ~外来動物天国ニッポン!~>ライブレポート(13.5/18開催)

2013年06月12日

【第1部:外来生物の何がイケナイ!?】

まず、「外来種とは何か?」 
そして「外来種が何がイケナイのか?」の話から。

”外来種”とは読んで字のごとく”外から来た種”のこと。

もともとその地域にはいなかったが、
人間によって他の地域から持ち込まれた生物のコト。

もう一つ良く聞く言葉として「帰化種とは何か?」

”帰化種”とはその地域の自然環境に適応し、定着した外来種のうち
生物多様性を変化させ脅かす可能性のある種のコト。

外国から持ち込まれた生物がひとたび定着してしまうと、
日本固有生物達が外来種に捕食されたり、
強い外来種によって本来の生息域から追いやられてしまったり、、
或いは、交雑によって本来持っていた特徴が失われたり…等々、
日本の生態系に様々な問題を引き起こします。
最悪の場合、その種が絶滅してしまうことだって少なくありません。

今泉さん
「外来種を分かりやすく表現すると侵略者、インベーダーかな!」

外来種の殆どが帰化種でもある
外来種と帰化種の関係を表したスライド

最近では特に厄介な外来生物を法律で「特定外来生物」として指定し、
飼育や栽培、輸入などを規制するなどの手立てが講じられていますが、
日本には既に多くの外来生物が入りこんでしまっており、
これらの対策は完全に後手後手となっている状況にあるようです。

そもそもなぜ外来種が侵入すると日本の生態系に影響が出るのか?

答えは単純。外来種の方がデカくて強い!から。

日本は「島国」です…
日本列島の成り立ち

2万年前にはおおよその日本列島の原形ができ、
1万年前には大陸から完全に切り離されてたと言われています。

つまり日本列島の生き物は1万年前には既に島の中で孤立状態にあった
Ikimono_summit130518_022
(※写真はイメージです)

狭いスペースに閉じ込められた動物達は
早い段階で淘汰が行われ勢力分布も落ちついてしまうそうです。

ひとたび勢力分布が落ちついてしまうと…、、、

自身の能力を高めずとも生き抜くことができてしまう
島国である故、進化をしなくても生き延びられる
(※写真はイメージです)

里中さん
「テレビなどで生き物の進化は自分の意思でそうなったみたいに
説明されることが多いですが、あれは実は完全な間違いです!」

テリー植田さん
「えっ、そうなんですか…???」

里中さん
「たまたまその時々の環境に適応できるように進化(突然変異)したものが
ラッキーにも生き延びることができただけなんです!」

結局、日本という狭くて環境にそれほど大きな変化のない空間では
なかなかそういった変異はマジョリティにはなりにくく、
一方で大陸の生き物たちは強く進化した者だけが
熾烈な生存競争を勝ち抜いて今日まで生き延びてきています。

だから当然のように外来種の方が強いというワケです。