「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

里中遊歩著・今泉忠明監修『サトナカがゆく! ~風まかせ動物探索記』発刊記念!<NIPPON野生生物summit ~外来動物天国ニッポン!~>ライブレポート(13.5/18開催)

2013年06月12日

もう一つ「内来種」という言葉も覚えて帰りましょう
内来種とは何か?

”内来種”という言葉を作ったのは実は今泉さん。

これは日本国内で、元々生息していなかった地域に
他の地域から持ち込まれた生物のことを指します。

言うなれば「国内外来種」といったところでしょうか…。

さて、こで問題。「内来種はどれでしょう?」
問題。内来種は次のどれか。エゾヒグマ、アオマツムシ、アユ、ライギョ

正解はアユ。

互いに1km離れた水源の異なる川があったとすると
それは魚にとっては全くの別世界であり
1km離れた川と同じ生態系になるには約1万年もの時間を要するとか。

別の場所のアユを放流するどんな問題が発生するか?
アユの放流の問題点。その地域固有のDNAが途絶える。

オオククワガタも産地によって異なる(韮崎産と多治見産)
産地別のオオクワガタ

オオクワガタブリーダー経験のある里中さんは
「産地でこんなに違うでしょ?」と説明するのですが
クワガタ素人の我々には正直まったく差が分かりません。(苦笑)

ただ、見た目の差はともかく、それぞれのオオクワガタは
それぞれの地域固有のDNAを持っており、
そこに全く別の地域で採集したクワガタを離したりすると
その地域固有のDNAを人為的に乱す結果になってしまいます。

最近のニュースより引用
オオカミでシカを駆除しようという提案がされている

オオカミを放ちシカを駆除…!?!?

里中さん、今泉さんとも
「彼らの意見を100%否定するわけではない」と前置きしつつも

現時点ではとても賛成とは言えない…との意見
安易に賛同はできない

絶滅したニホンオオカミは中型犬サイズ。
オオカミというよりはジャッカル、ディンゴなどのヤマイヌに近く、
大規模な群を作らずに単独で行動することが多い。
一方、ハイイロオオカミは世界最大のオオカミで群れを作るそうです。

今泉さん
「こんなのが人里に出たらツキノワグマどころの騒ぎではないですよ!」

里中さん
「オオカミは鹿だけを食べるワケではないですよね?
ひょっとしたら一番襲いやすくて食べやすいのは家畜や人間かも!?」

オオカミは特定危険動物(ライオンやトラと同じ扱い)なので
これをオープンな野に放つというのは実現性の低い話だと思われますが、
里中さんと今泉さんはそもそも何かを駆除するために
外から連れてきた生き物を放つという考え自体が危険だと訴えます。

そう、マングースの失敗を繰り返してはいけない!
マングースの失敗を繰り返すな

マングースはハブの駆除のために持ち込まれた外来生物。
しかし、ハブは夜行性、マングースは昼行性であるため
実はお互いが遭遇する確率は非常に低く、
むしろ昼行性の他の希少な生き物(ヤンバルクイナなど)が
マングースの餌食となり生態系を大きく乱れる原因となっています。

このライブレポートでは割愛しますが
この他にもマスクラットヌートリアなど毛皮を取るために野に放たれた
大型ネズミの仲間の帰化問題について
国内外での実例をスライドで詳しく解説してくれました。

外来種は一度定着してしまうと完全駆除は非常に困難!
外来種の問題を語る里中&今泉コンビ

(ここで前半終了)