「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

里中遊歩著・今泉忠明監修『サトナカがゆく! ~風まかせ動物探索記』発刊記念!<NIPPON野生生物summit ~外来動物天国ニッポン!~>ライブレポート(13.5/18開催)

2013年06月12日

第3位:野イヌ  第2位:野ネコ
第2位は野ネコ

ペットとして飼われている犬(猫)を飼カイイヌ(カイネコ)、
それが逃げ出したり捨てられたものをノライヌ(ノラネコ)と呼ぶ。
野イヌ(野ネコ)は野良イヌ(野良ネコ)達から生まれた子孫のこと。

「日本犬」、「日本猫」という言葉がありますが
それらも遠い昔に外から持ち込まれたものだそうです。

但しイリオモテヤマネコやツシマヤマネコなどの
ヤマネコ類は立派に日本固有のネコ科の動物だそうです。
日本人は希少なヤマネコ達を守っていく義務があります。

そして、ワースト1の発表!

もちろんこの動物!アライグマ!
アライグマ

ポテンシャル高い…!!
アライグマの評価グラフ

アライグマはご存じラスカルなどで可愛いイメージの動物。
確かに見た目も可愛らしく、幼い頃は飼い主に従順です。

しかし、手先が器用で木登りもできるため
家の中をいたずらでメチャメチャに破壊してしまったり、
性成熟した個体は繁殖期になると極端に気性が荒くなるため
犬や猫と同じ感覚で飼い始めた人はたちまち手に負えなくなり、
それが次々と野に放たれて野生化してしまいました。

日本の野山にはアライグマ天敵となる動物がいないため
その数は急速に増えています。

検疫法改正以降は輸入に半年間の検疫が課されるようになり、
以前のように可愛らしいベビーが流通することはなくなりました。
それに加えて特定外来生物にも指定された為、
ペットとしての歴史は事実上ほぼ終わった状態にあります。しかし、

今泉さん
「野生化したアライグマが増えたというがまだまだほんの序章。
この先10~20年後はとんでもないことになるかもしれない!」

とのことなので今後の成り行きが非常に心配です。

以上、外来生物の最悪ランキングを見てきましたが、
結局のところ自分勝手に生態系を乱してきた
”ヒト”こそが最悪の生物と言えるのかもしれません…。

最悪なのは”ヒト”なのでは!?
一番悪いのは動物ではなく生態系を乱したヒト
(※今泉先生に悪い奴=ヒトを代表して頂きました:笑)

多摩川はタマゾン川と呼ばれている
おさかなポストの解説スライド
(おさかなポストについての説明スライド)

最後に里中さんと今泉さんが

「せっかくニッポンというここにしか棲息しない
希少な動植物に恵まれた国に生まれたのだから
人間の勝手気ままに生態系を壊してしまうのではなく
そろそろ考え直しませんか?」

と呼びかけてイベントは終了。

/*———-

【イベントで解説されたが本ライブレポートでは割愛した外来種一覧】

ガビチョウ、イエウサギ、ソウシチョウ、キョン、アカゲザル
イエネズミ(ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミ)、ハクビシン

———-*/

==========

【まとめ】

こうして見ると確かに日本は外来生物天国であり、
数多くの外来種が移入したことで日本固有の貴重な生物達が
危機にさらされていることに気づかされます。

今後は外来生物の問題を子供達に
いかに教育し伝えていくが大きな課題だそうです。

しかし、そもそも大人がこの問題を自覚していなければ
子供達に理解させることは到底無理な話なので、
まずは今回のトークライブのようなイベントをキッカケに
外来生物の問題に対して関心を持ってくれる大人が
少しずつでも増えてくれること期待しています。

そして、里中&今泉コンビの『野生生物summitシリーズ』が、
日本や東京の自然環境を考えるキッカケを与えるイベントとして
今後も楽しいトークとともに続いてくれたら良いなと思います。

(ライター・GAMA)