「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

The さかさ座 presents 回文師の世界一を競い合う世界初の回文トーナメント開催決定!『第1回 回文キングバトルトーナメント!! ~お台場に猛者混戦!!全戦濃さも2倍だお☆(おだいばにもさこんせんぜんせんこさもにばいだお)~』ライブレポート(13.3/24開催)

2013年04月21日

【ワークショップ】

回文でこれだけの人数が集まったのはおそらく史上初のこと。

そこで、まずは回文に親しんでもらうことを目的に
「回文ワークショップ」が行われました。

今まで回文川柳を作ったことがない回文初心者でも
この15分間のワークショップの受けるだけで
「誰でも回文川柳が作れてしまう」という回文入門です。

15分後には貴方も回文川柳が作れます!
回文ワークショップ
(司会進行はテリー植田プロデューサー:一番左)

講師は回文紳士こと”さとーさん”
講師はさとーさん

まず簡単な回文から
回文とは?(簡単な回文を見てみよう)

まず回文とはどのようなものかを具体例を見ていきます。

・竹やぶ焼けた(たけやぶやけた)
・英語言え!(えいごいえ)
・薬のリスク(くすりのりすく)

もう少し長いものでは、

・勇ましいよ!強いし!マサイ!(いさましいよつよいしまさい)
・死ぬ気でドナーなど出来ぬし!(しぬきでどなーなどできぬし)
・イタリアでもホモでありたい(いたりあでもほもでありたい)

などなど。

さらに長くなってこんなもの(↓)も…!

長っ…!!
回文とは?(長い回文)

いきなり長文の回文を見せられて
「こんなの自分には無理だ…」と思ってしまいましたが、
短い回文でも長い回文でもベースとなる考え方は同じで、
それをいかに自分流に拡張していくかがポイントのようです。

では、そのベースとなる考え方は何か?

それは「テンプレート」!
回文作成のポイントはテンプレート

テンプレートとは次のようなものです。

るよ (よるるよ

〇の部分に文字を入れて意味が通るようにします。例えば、

るよよるるよ

それだけでなく「あいうえお」を順に入れると

るよ(よるるよ)るよ(よるるよ) 、夜売よ(よるるよ)
るよ(よるるよ)るよ(夜およ)…と

テンプレート一つでいくつもの回文ができあがってしまいます。