「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

水族館プロデューサー中村元 presents 『中村元の超水族館ナイト2013年冬 ~水族珍…珍にあふれた水族館~』ライブレポート(13.2/24開催)

2013年03月28日

3)その他の水族館の”珍”

「山の水族館の珍」と「サンシャイン水族館の珍」で
既にお腹いっぱいになりつつありますが、
それ以外の水族館にも中村さんおススメの珍があります。

旭山動物園のアザラシ
旭山動物園のアザラシ展示

中村さん
「これは珍な光景です!水槽が珍なのではなく
目の前をアザラシが昇ったり降りたりする光景が珍なんや!」

旭山水族館のアザラシの展示は
中村さんに「やられた!くやしい!」と言わしめた秀逸な珍。

中村さん
「これを動物園に先にやられた水族館業界は恥なきゃあかん!
くやしがらずに安易に真似している水族館の方が多いのがなぁ…」

こんなに悔しがる中村さんを見るのがお客さんにとっては珍。(笑)

姫路水族館のヤドカリ
スケルトンな貝殻を背負うヤドカリ

ヤドカリにシースルーな殻を背負わせています。
ヤドカリの殻の中がどうなっているのか、
これこそ一目瞭然、解説がいらない展示です。

足立生物園の水の中の森の光景
水中の森

中村さんが絶賛する淡水の水槽。
癒し感と清涼感と美しさを兼ね備えた極めて珍な光景。

八景島シーパラダイスのドルフィンファンタジー
頭上を飛ぶイルカ

イルカが頭上を飛んでいる光景。
空を見せることで海の中を感じさせてくれる。

シャチ。この光景自体が文句なしに「珍」!
シャチの雄大な姿

中村さんは幼い頃、水族館に連れて行ってもらった時に
一反木綿がケタケタケタと笑いながら飛んでいたのを見たそうです。
それはエイのお腹だったのですが、中村さんの子供心には
ハッキリとケタケタケタと笑う声が聞こえたとか…。

幼い頃の中村さんにとって、その一反木綿が飛ぶ光景は、
珍しくて、貴重で、怖くて、でももう1回見たいと思う
いわば”お化け屋敷”みたいなものであったと言います。

これが大人になるとまた全然違った珍が見えくる…。
水族館とはそういった場所なのだそうです。
100人いれば100通りの見方や感じ方があり、
お客さん一人一人が自分なりの「珍」をたくさん発見できる水族館ほど
お客さんの満足度の高い良い水族館ということになります。