「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

水族館プロデューサー中村元 presents 『中村元の超水族館ナイト2013年冬 ~水族珍…珍にあふれた水族館~』ライブレポート(13.2/24開催)

2013年03月28日

【後半の部】

後半はライターのミストラルさん(奥津匡倫さん)が登壇!

ミストラルさん(奥津さん)
奥津さん

ミストラルさんはライターとして様々な分野で活躍していますが、
観賞魚関係の記事を書いたことがあるらしく、
そこではアロワナやチョウザメの飼い方などを紹介したとか。

今回の新著「水族館で珍に会う」の中では、
クラゲ珍、深海生物珍、巨大珍、海獣珍、姿珍、鳥珍など
合計10テーマの「水族珍」が紹介しています。

後半は本のダイジェストとして
水族館だからこそ会える貴重で「珍」な生き物達を
ミストラルさんと中村さんのダブル解説で見ていきます。

腹ビレイルカ(太地町立くじら博物館)
ハラビレのある激レアなイルカ

”海獣珍”からは腹ビレのあるイルカ。
メスのバンドウイルカで、バンドウイルカ自体は
水族館で最も見かけるポピュラーなイルカなのですが、
このような腹ビレを持つのは超激レアなケース。

後ろ足が退化して腹ビレとなり、その腹ビレも退化してしまったはずなのですが、
このイルカにはしっかりとその腹ビレが残っています。
”遥か”昔の形態を残しているので名「ハルカ」ちゃんと名づけられたそうです。

ベニクラゲ(新江ノ島水族館)
不老不死(?)なベニクラゲ

”クラゲ珍”からはベニクラゲ。
普通クラゲは死ぬと体が溶けてブヨブヨの塊となって
水中に沈んでしまいますが、ベニクラゲはこの状態から
根を伸ばしてポリプへと若返ることができ、
そのため不老不死のクラゲと呼ばれています。

ヤマトトックリウミグモ(蒲郡市立竹島水族館)
見るからに不気味なウミグモ

”深海珍”からは究極の奇形生物のウミグモ。

ミストラルさん
「気持ち悪過ぎて逆に気持ちイイですよね…」

イソギンチャクの体液を吸っている(?)とか…。

ゴエモンコシオリエビ(新江ノ島水族館)
ゴエモンコシオリエビ

もう一つ”深海珍”から。
深海は太陽の光が届ないため光合成を行うする生物が存在しません。
そのため太陽光のある世界とは全く異なった生態系となっています。
例えば、マグマに熱せられ地底から噴き出した熱水に含まれる
硫化水素やメタンなどを摂取し、化学合成により栄養素を得る
…等。

ゴエモンコシオリエビは熱水噴出口の近くに生息。
体に生えた毛の間には硫化水素やメタンを化学合成し栄養に変える
バクテリアを蓄えていて、そこで分解されたものを餌としています。

新江ノ島水族館には深海化学合成生態系を再現した水槽があり、
そこに生きる深海生物を生きた状態で見ることが可能。
深海が再現されていること自体が究極の「珍」といえます。