「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

水族館プロデューサー中村元 presents 『中村元の超水族館ナイト2013年冬 ~水族珍…珍にあふれた水族館~』ライブレポート(13.2/24開催)

2013年03月28日

ジェンツーペンギン
常に活発なジェンツーペンギン

”鳥珍”からは遊ぶのも泳ぐのも大好きなジェンツーペンギン。
他のペンギンに比べて非常に活発で見ていて楽しいペンギン。

最後はミストラルさんイチオシの「珍」。

”淡水珍”からピラルクー
赤い魚・ピラルクー

ピラルクーとは「赤い魚」という意味。
「なるほど!確かに赤いぞ!」と思わせてくれるピラルク―は
なかなか水族館では見られないのですが、
スライドは栃木県なかがわ遊水園のピラルクーだそうですが、
非常に赤を感じさせてくれる「珍」なピラルクーです。

まだまだ数多くの「珍」な生き物が紹介されましたが、
全ては紹介しきれないので興味のある方はぜひ
中村さん&ミストラルさんの水族珍本をお買い求めください。

/*—–
『水族館で珍に会う』
監修・写真 中村元/執筆 奥津匡倫
(エンターブレイン・1200円+税)
—–*/

==========

【まとめ】

水族珍というサブタイトル見た直後は、奇妙な生物のスライドが
たくさん出てくるのかと想像しましたが、そうではなくて、
水族館で出会う光景そのものが「珍」の宝庫であるというお話でした。
水族館を日本のメジャーな文化にしたいと語る中村さんが思い描く
”あるべき水族館の姿”を改めて深く知ることができ、
非常に有意義なトークライブだったと思います。

中村さんは2013年も多くのプロジェクトを抱えているようなので、
これからどんな「珍」な光景を見せてくれるのか、期待が膨らみます。

さて、次回予告!

なんと次回は「頑張るちっちゃな水族館シリーズ」!!

私も先日、竹島水族館に行ってきたのですが、
小さくても大型水族館に負けない魅力が詰まっていました。
全国には小さくても頑張っている水族館がたくさんあります。
そんな小さな水族館の頑張りや魅力に迫ります。

今から次回の超水族館ナイトが楽しみです。

(ライター・GAMA