「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店

【 イベントレポート 】

@IT編集部 presents 『クリスマスにおばかアプリ選手権。メリーおばか!~おばかアプリ選手権がクリスマスパーティをしたら~』ライブレポート(12.12/22開催)

2013年02月06日

3)『彼方だけを見つめている』…大崎浩司

続いても電子工作の紹介。

開発者は電子工作コンテストにて
「おばかアプリ選手権賞」を受賞した工学博士の大崎さん。

開発した眼鏡型デバイスとともに大崎さん登壇
大崎さん

大崎さん曰く
「人が何かを見るということは
それは即ち見ないものを選択することでもあると思う。
現代のような情報が溢れている世界において
眼鏡型のデバイスに求められるのは何かを表示することではなく
不要なものを見えなくすることなのではないだろうか?」

そんな思想に基づく眼鏡型デバイスを紹介してくれた。
目的地を設定するとその方角以外は見えなくなるというものだ。

ハード構成
システム構成

地磁気センサGPSユニットを備え、
液晶シャッタリングにより目的地の方角のみを見ることができる。
目的地はパソコン上のWebアプリからUSB経由で設定を行う。

目的地の方角を向いていない時(見えない…)
液晶シャッタークローズ

目的地の方角を向いている時(見える!!)
液晶シャッターオープン

しかし、このシステムは道路などは一切考慮せずに
その方角のみを見せてくれるものなので
この眼鏡を頼りに町の中を歩くのは非常に危険極まりない。

あぶない!あぶない!(笑)
道路歩行は危険

結局、どこかで行き詰まって「彼方だけを見つめている」
目的地の方角をただ見つめるしか…

蘭々さんも体験
蘭々も体験

砂漠のような場所でなら利用価値はあるかもしれない?

とにかく技術の無駄遣い感が突き抜けていたのが印象的だった。