「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店 会場レンタルも可!

【 イベントレポート 】

河原あず(元カルカルスタッフ)帰国記念!シリコンバリズム! presents 「シリコンバリズム・イン・トーキョー Vol.1」~イノベーションの聖地で活躍した熱き日本人が「シリコンバレーの今」を伝える90分! ライブレポート(14/10/16開催)

2014年11月11日

Q.日本もシリコンバレーのここを見ならえばいいのに…

A.「再チャレンジ」(住さん)
パネルトーク(住さん)

シリコンバレーで成功している企業家の中には
実は過去に大きな失敗を経験している人も多いらしい。
日本では一度失敗してしまうと
「おまえは過去に失敗しているからダメだ!」
と言われてしまうことが多いが、シリコンバレーでは
「1度失敗しているからもう同じ轍は踏まないはず!」
と非常にポジティブな捉え方をしてくれるため
再チャレンジがしやすい土壌があるという。

米田さん「友だちの輪」
パネルトーク(米田さん)


田中さん「とにかくまず褒める!」

パネルトーク(田中さん)

最後のお題、「シリコンバレーに行こうとかどうかを
迷っている人にアドバイスを!」
では
壇上の出演者全員が「絶対に行った方が良い」と声を揃えた。

角野さんは「明日にでも行け!」と
パネルトーク(角野さん)

シリコンバレーにはみんなでアイデア共有しながら
世の中に良いインパクトを与えるモノをドンドン出していこうとする
オープンな開発風土があり、そこでの活動を経験することは
キャリアで大きな財産になると感じた。

最後に出演者の皆さんが一言ずつ挨拶
出演者が一人ずつ感想を述べる

約2時間のイベントであったが出演者の熱いトークに
”シリコンバレーの魅力”を存分に感じることができた。

この日のお客さんの中には
「まもなくシリコンバレーに渡るので参考になればと思い来てみた」
という方もいて、シリコンバリズム!が
これからシリコンバレーに行こうとしている人にとって
最初の窓口としても機能するようになっていくと
素晴らしいコミュニティへと発展していくものと思われる。

さて、この日の主役・あずさん、
ARPでの1年間の活動が認められて任期延長となり、
もう1年サンフランシスコで働くこととなったとのこと!

あずさん
「もう1年サンフランシスコで働けることになりました!
第二期は
もっともっと活動していきたい。
ネットワークを生かしてビジネスを作るということを
どんどん実現していきたい!」

シリコンバレー2年目のあずさんの更なる活躍を期待するとともに
1年後におそらく開催されるであろう
「シリコンバリズム・イン・トーキョー Vol.2」が今から楽しみである。

終演後も活発な名刺交換や交流が続く…
終演後も活発な交流が行われる

お土産に配られた伊藤園さん提供の「おーいお茶」
おーいお茶

(ライター・GAMA)