「あらゆるものをイベントに!」渋谷のイベントハウス型飲食店 会場レンタルも可!

【 イベントレポート 】

東京初開催!紅茶好きの皆様、お待たせいたしました!『九州和紅茶博覧会 in お台場 ~九州7県のお茶の侍7人衆が大集結~』ライブレポート(15.11/14開催)

2015年12月09日

【和紅茶トーク】

さて、本イベントは試飲だけではありません。
ステージでは”和紅茶トークショー”も行われました。

トークショーの進行役はテリー植田P(※) と ひのだともひこさん(右)
テリーPとひのださん
(※東京カルチャーカルチャープロデューサー)

エコバイ(株)代表取締役のひのださんは、農水省の6次産業化プランナーを務めていて、日本各地の産業支援やそのPR活動を多数手がけています。この『九州和紅茶博覧会』も、もちろん ひのださんの発案によるものです。

ひのださん
「日本のお茶は海外で凄く人気なんです!そして、日本のお茶作りは技術的にも非常に高い水準にあります。しかし、国内でのお茶の生産の現場は年々厳しさを増していて、先月まで茶畑だったところが抜根されて野菜畑に変わっているなんてこともしばしばです。そんな現状を見て、九州7県の産地から日本のお茶作りを盛り上げられないかと思って企画しました!」

九州和紅茶の美味しさに触れ、生産者の人柄に触れ、ファンになってもらい、最終的にその産地に行ってもらうことが今回のイベントの目標だそうです。まずはその九州7県の”お茶ムライ”の方々に順に話を伺っていきます。

■ 福岡県代表

[うきは紅茶]
新川製茶 樋口勇八郎さん
うきは市役所 農林振興課 鐘江厚さん

新川製茶・樋口さん(左)と鐘江さん(右)
樋口さんと鐘江さん

豊かな自然環境に恵まれた標高400mほどの山間でお茶作りをしている樋口さん。地域の特徴としては棚田を利用した茶畑での栽培が多いそうです。樋口さんの茶畑では有機JASの認定を取得。安心安全を第一に考えたオーガニック茶を出荷しています。その紅茶は「豊かな香りが自慢!」とのこと。

地道な雑草取り
雑草取り

有機JASを取得しているので除草剤の類は使うことができず、雑草取りはひたすら手作業。

有機栽培に欠かせないボカシ肥料も手作り
ボカシ肥料づくり
(重機で切り返しながら発酵熱の蒸気でふかします)

うきは市では新規就農者を募集中とのことで、市の職員・鐘江さんからPRもありました。支援金や給付金の制度などもあるそうで、「農村の生活が好き」、「自然が好き」、「美味しい紅茶をこの手で作りたい」という人は問い合わせてみてはいかがでしょうか?

各県の代表者はプレゼンの最後に自慢の和紅茶を1名にプレゼントすることになっていました。福岡県は樋口さんから有機焙煎紅茶()がプレゼントされました。

※有機紅茶を強火でさらに焙煎した紅茶のほうじ茶

これは欲しい…!!
各県から1名に自慢のお茶のプレゼント

和紅茶争奪ジャンケン中
和紅茶争奪ジャンケン